ホーム

コンテンツ
あめいろぷろじぇくと!
Pクエスト(仮)
Twikker
わーどもんすたぁ
サモンズコール

小説(継続中)
神サマの忘れ物
12345
678910
1112131415
1617181920
212223

あの青空に祈りを捧げ
12345
678910
1112131415
1617181920
2122232425
2627282930
313233

即興小説トレーニング置き場
12

小説(完結)
突出幼心あくりょうちゃん
12345
678910
1112131415
1617181920
21

オレと兄貴と私がいるから
12345
678910

祭囃子〜記憶の隅に〜
1234

祭囃子〜聖なる夜に〜
12

ボクはネコ
1

フタツヤネノシタ
12345

魔女の契約
1234

暗黒の契約
12345

いのししレース ピキョ村のキピ
123

おにぎり落ちたそのまま食べた
12345

天使見習い頑張らない
1234

せくすちぇんじッ!
12345
678910
1112131415
1617

俺が我が家にやってきまして……。
12345
678910
1112131415
1617181920
2122232425
2627282930
31323334

小説(二次創作)
メルト
1

ある死神は
12345

神サマの忘れ物 第19話


・神サマの探し物 第08話

という訳で朝になり俺も美鈴も澪が心配ながらも学校へ向かった。……それにしてもこの間、澪は何をしているのだろうか、俺はそう思った。

「ようっ! 鈴木!」

俺は幸田の気配を感じ、いつもの平手打ちを受け止めた。幸田は非常に驚いている。

「鈴木……最近、お前、何か変わったよな?」

「俺がか? どこら辺が?」

少しずつ人口密度が高くなる教室の中、二人の会話は続く。

「え……最近、オーラが違うというか明るくなったというか……」

幸田は俺の事をジーっと見ながら話す。俺は思い当たる節があるため少し焦る。残念ながら顔に出るタイプなのだ。

「そ、そんな事ない!」

俺は完全に慌て口調だった。そして、幸田はいきなり真剣な顔になった。

「……いや、俺、見えるんだよ……」

丁度、幸田が何か言いかけたとき担任が教室に入ってきた。この後、俺が何度聞いても幸田はそれ以上のことは語らなかった……


学校を終え、美鈴より一足早く帰宅した。とにかく澪の様子が気になるのである。折角捕獲したのに逃げられてはたまったものでない。

荒く美鈴の部屋のドアを開けた……俺の予想とは裏腹に澪は部屋の隅に積んであるキャットフードを食べていた。やはり神様の趣味なのか猫の血が混ぜられているようだ……なんだかその、後処理を任された俺って…何だか泣きたくなってきた。

「アンタも食べる?」

スナック感覚でキャットフードを食べている澪はそれを俺に差し出してきた。

「いや……遠慮しておく」

「……付き合い悪いなぁ」

今の澪の一言で俺はカチンと来た。

「そもそも、人間が食うモンじゃないだろ?」

「私、猫だもん! 文句ある?」

……思いっきり、自分を猫だと認めた澪。俺は軽く唖然とした。前世は人間だろうに……さっさとあの世に送り返したくなってきた。

「……文句は無いが、人間としての自覚はあるのか?」

頭を掻きながらため息交じりに俺は聞き返す。部屋には夕日が差し込み始めている。

「もぅ! うるさいなぁ! 私のことは放っといてよ!」

澪は物凄い腕力で俺の事を突き飛ばした。俺はなす術も無く壁に叩きつけられ壁にヒビがはいった。『普通の』人間ならば骨折どころではないだろう。

ドアが閉められる音で、薄れていた意識が戻った。澪の帽子が見当たらないことから、彼女は外に飛び出すつもりだ。そう思っているうちにもう一回、ドアが閉められる音が少し遠くで聞こえた。今度は玄関のようだ。俺はすぐにベランダに出ると、うつむいたまま商店街の方向に走る澪の姿があった。陸上選手も顔負けの足の速さであり、追いつける訳が無い。

「畜生っ!」

追いつけない。分かっていても、俺は玄関へ向かった。
prev next

AMaRo Project. 2014