ホーム

コンテンツ
あめいろぷろじぇくと!
Pクエスト(仮)
Twikker
わーどもんすたぁ
サモンズコール

小説(継続中)
神サマの忘れ物
12345
678910
1112131415
1617181920
212223

あの青空に祈りを捧げ
12345
678910
1112131415
1617181920
2122232425
2627282930
313233

即興小説トレーニング置き場
12

小説(完結)
突出幼心あくりょうちゃん
12345
678910
1112131415
1617181920
21

オレと兄貴と私がいるから
12345
678910

祭囃子〜記憶の隅に〜
1234

祭囃子〜聖なる夜に〜
12

ボクはネコ
1

フタツヤネノシタ
12345

魔女の契約
1234

暗黒の契約
12345

いのししレース ピキョ村のキピ
123

おにぎり落ちたそのまま食べた
12345

天使見習い頑張らない
1234

せくすちぇんじッ!
12345
678910
1112131415
1617

俺が我が家にやってきまして……。
12345
678910
1112131415
1617181920
2122232425
2627282930
31323334

小説(二次創作)
メルト
1

ある死神は
12345

神サマの忘れ物 第22話


・神サマの探し物 第11話

「驚いたか?」

上尾は全くの無傷で見下すように笑っていた。

「この銃か、この銃は霊体のみを打ち抜くものだ。人間に当たっても傷つけることなく通過し、物体に当たると傷つけることなく銃弾はそのまま消滅する」

そして上尾は銃口を俺に向けてきた。

「貴様が人間かどうか確かめさせてもらおうか」

上尾は引き金を引いた。俺は反射的に体を守るために腕を前に出した。すると、金属音と共に、銃の弾を弾いた。ルナだ。さすが、神様直属のアイテムだ。

「チッ!」

上尾は舌打ちをして苦い顔を浮かべて俺を睨んだかと思いきや、銃口を美鈴と共にいる澪に向けた。

「やば……美ちゃん人間だ……」

澪は美鈴の後ろに隠れてたが、美鈴はれっきとした人間だ。貫通して澪に銃弾は当たってしまう。どうすれば……

『涼太さん! 何か長い武器を想像しながら「神の力よ解放せよ」と叫んでください』

「へ?」

無理。絶対無理。そんな恥ずかしい台詞言えないよ……とも、言っていられない。畜生。どうにでもなれ。

「神の力よ! 開放せよ!」

うわ、恥ずかしい。しかし、叫んだ瞬間にルナが光り輝いた。一瞬もしないうちに槍のような形になった。流石だな。

「貴様らも、確かめさせてもらおうか!」

引き金が引かれ、銃声が鳴り響いた。

「うおぉぉぉぉ!」

俺は一歩踏み込んで、槍を振り上げた。金属がぶつかり合う。上手く銃弾を弾く事ができた。だが、銃弾は変に反射して俺に向かってきた。そのまま、銃弾は俺の胸にぶつかった。衝撃で体が浮び吹き飛んだ。

「涼太君!」

美鈴の声が聞こえる。

「あんたが死んだら、私達はどうすればいいの? 死ぬな。ボケ!」

澪の声が聞こえる。

生憎、俺はもう駄目だ。意識が薄れてきたよ……


「おい、おじさん!」

「なんだ?」

澪……何をしているんだ。お前だって……

「許さないんだから!」

「ぐおっ!」

澪は上尾に接近をして左足を軸に回し蹴りを上尾の左腕に当てた。そして、上尾はよろめいた。

「お前もくたばれ!」

さらに、澪は右足が地面につけた瞬間に左足で同じ箇所に当てた。上尾は銃を落とし、足が地面から離れた。

「この野郎!」

なんと、左足が地面についたと同時に飛び上がって、右足によるかかと落としを炸裂させた。上尾は地面に叩きつけられ、ピクリとも動かなくなった。澪、恐るべしだな……

俺はゆっくりと起き上がった。神の力の方が大きかったらしく。体は全くの無傷だった。
prev next

AMaRo Project. 2014