ホーム

コンテンツ
あめいろぷろじぇくと!
Pクエスト(仮)
Twikker
わーどもんすたぁ
サモンズコール
どうぶつつなひき

小説(継続中)
神サマの忘れ物
12345
678910
1112131415
1617181920
212223

あの青空に祈りを捧げ
12345
678910
1112131415
1617181920
2122232425
2627282930
313233

即興小説トレーニング置き場
12

小説(完結)
突出幼心あくりょうちゃん
12345
678910
1112131415
1617181920
21

オレと兄貴と私がいるから
12345
678910

祭囃子〜記憶の隅に〜
1234

祭囃子〜聖なる夜に〜
12

ボクはネコ
1

フタツヤネノシタ
12345

魔女の契約
1234

暗黒の契約
12345

いのししレース ピキョ村のキピ
123

おにぎり落ちたそのまま食べた
12345

天使見習い頑張らない
1234

せくすちぇんじッ!
12345
678910
1112131415
1617

俺が我が家にやってきまして……。
12345
678910
1112131415
1617181920
2122232425
2627282930
31323334

小説(二次創作)
メルト
1

ある死神は
12345

おにぎり落ちたそのまま食べた 第3話


ノゾミもユタカも自然とネズミの町の溶け込んでいた。一緒に踊ったり、遊んだり、会話をしたり、ネズミ相手では新鮮な話がたくさん聞くことが出来た。

2人は再び散策を始めた。

すると、洞窟広場の端っこに目を閉じて座っている人間でいう30から40代と思われるネズミがいた。目には一筋の傷があり、少し周りのネズミたちとは品位気が違っていた。それに、あまりと溶け込んでいない様子だった。

ノゾミはそんなネズミに話しかけてみた。

「こんにちは」

「……」

しかし、目を閉じたまま無視をした。もしくは、寝ているだけかもしれない。ここで引き下がれないノゾミは、揺らしてみた。

「こ〜ん〜に〜ち〜は〜」

「……早く立ち去れ」

そのネズミは目を開き渋い声で一言いった。ノゾミもユタカも何故かわからなかった。

「どうしてですか?」

「……この洞窟は、ネズミを増やすためにある。しかも迷い込んできた人間をネズミに変え記憶を消してしまうから厄介なものだ。ほら、お前達にも変化が見えてきた」

ノゾミとユタカは互いの顔を眺めてみた。

「え!?」

「あっ!?」

2人は思わず声を上げてしまった。なんと、耳が人間のものでなくネズミのものになってしまっていた。ユタカは自分の耳に触れてみる。

「自分の耳だ……」

驚愕した。そして、恐怖した。このままではネズミになってしまう。

「何で――」

ノゾミが何故目そこまで親切にしてくれるのか傷があるネズミに聞こうとしたが、もう既に姿がなかった。

「ねぇ、とりあえず逃げよう! このままじゃ――」

ユタカはノゾミの腕を掴むと、洞窟広場から通路へ出る穴へ走った。

しかし、長老ネズミにあっさりと見つかってしまった。

「追え! 追うんだ! 逃がすんじゃない!」

その声にたくさんのネズミたちが一気に追いかけてきた。百、二百、そういったレベルではない。振動という振動が集まって地震のようになっている。

「やばっ……急ごう」

一先ずは通路に逃げ込む事ができた。結果、たくさんのネズミたちの足止めをする事ができた。ただ、通路が繋がっていたら……そう思うと、背筋が凍るようだった。

走る走る。たくさんのネズミを足止めできても、通路は通路だ列となって追いかけてくる。

このままでは……けれども、ここで立ち止まる訳にはいかない。
prev next

AMaRo Project. 2014