ホーム

コンテンツ
あめいろぷろじぇくと!
Pクエスト(仮)
Twikker
わーどもんすたぁ
サモンズコール

小説(継続中)
神サマの忘れ物
12345
678910
1112131415
1617181920
212223

あの青空に祈りを捧げ
12345
678910
1112131415
1617181920
2122232425
2627282930
313233

即興小説トレーニング置き場
12

小説(完結)
突出幼心あくりょうちゃん
12345
678910
1112131415
1617181920
21

オレと兄貴と私がいるから
12345
678910

祭囃子〜記憶の隅に〜
1234

祭囃子〜聖なる夜に〜
12

ボクはネコ
1

フタツヤネノシタ
12345

魔女の契約
1234

暗黒の契約
12345

いのししレース ピキョ村のキピ
123

おにぎり落ちたそのまま食べた
12345

天使見習い頑張らない
1234

せくすちぇんじッ!
12345
678910
1112131415
1617

俺が我が家にやってきまして……。
12345
678910
1112131415
1617181920
2122232425
2627282930
31323334

小説(二次創作)
メルト
1

ある死神は
12345

おにぎり落ちたそのまま食べた 第5話


言われたとおり進むと、道は途切れ大きな穴となっていた。

「ここを飛び込むのか……」

流石に勇気がいる。でも、飛び込まないといけないのである。きっと、この先も。

「ノゾミ、飛び込むよ。準備はいい?」

ノゾミはユタカの身体に顔を埋めながらクビを縦に振った。

「じゃあ、1……2……3!」

思いっきり飛んだ。お姫様抱っこの状態で飛んだ。落下する。流石に怖かった。でも、怖いなんていってられなかった。

気がつくとそのまま、意識を失っていた。



――眩しい。

太陽の光が2人を照らしていた。暖かな光が、寝ている2人を輝かせていた。

2人は同時に身体を起こした。気がつくと、レジャーシートの上に寝ていたようだ。

「……夢? 変な夢だったけど」

ノゾミがボソッと言った。

「僕も変な夢を見てた。穴に落ちたら、ネズミの世界にいて……妙にリアルだったけど、夢だったんだ」

ユタカは眠気眼を擦りながら言った。

「……実は夢じゃなかったりね」

スカートのお尻の部分を抑えながらノゾミは言った。まるで、何かを隠すかのように。

「何で?」

「内緒だよ」

ノゾミは意地悪な微笑みを浮かべて人差し指を自らの唇につけた。

「あのさ、ユタカ」

「ん? 何?」

「『かの』に続く言葉って何?」



追伸

あの後、私達はお互いに同じ夢を見ていたことについて話したんだ。実は夢じゃなかった。それだけはいえるだって、まだ、人間に戻りきっていない部分があるから……恥ずかしいけど、ね。

そして、『かの』の続き。結局教えてはくれなかった。でもユタカから「付き合ってくれ」って言われた時はビックリしちゃった。遠回しに、答え合わせ。もちろん、答えは……内緒。これは2人だけの秘密。

でも、これだけはいえる。私達は幸せに生きていける気がすると。

また、明日会おうね。ユタカ。



あの後、僕はあの夢について話したんだ。ノゾミは夢じゃないって言ったけど、何でそんな事がいえるんだろう?

そして、『かの』の続き。あの時、恥ずかしくて遠回しに「付き合ってくれ」なんて言っちゃったけど、「彼女になってくれ」なんてもっといえない気がした。あの、ビックリした顔。その後の、微笑んだ顔。僕は幸せだ。結果は2人に内緒だ。

後、ノゾミのお父さんのことだけど、実は3年くらい前からいなくなっていてまだ見つかっていないらしい。もしかしたら、あのネズミが本当に……けど、夢なんだよね。

でも、これだけはいえる。僕は彼女を幸せにできる。そう、生きていけると。

また、明日。ノゾミ。


ある日、おじいさんはおにぎりを落っことした。それは転がって、穴に落ちた。そして、ネズミたちはそのまま食べた。

まるで、昔話のような夢だった。
prev

AMaRo Project. 2014