ホーム

コンテンツ
あめいろぷろじぇくと!
Pクエスト(仮)
Twikker
わーどもんすたぁ
サモンズコール

小説(継続中)
神サマの忘れ物
12345
678910
1112131415
1617181920
212223

あの青空に祈りを捧げ
12345
678910
1112131415
1617181920
2122232425
2627282930
313233

即興小説トレーニング置き場
12

小説(完結)
突出幼心あくりょうちゃん
12345
678910
1112131415
1617181920
21

オレと兄貴と私がいるから
12345
678910

祭囃子〜記憶の隅に〜
1234

祭囃子〜聖なる夜に〜
12

ボクはネコ
1

フタツヤネノシタ
12345

魔女の契約
1234

暗黒の契約
12345

いのししレース ピキョ村のキピ
123

おにぎり落ちたそのまま食べた
12345

天使見習い頑張らない
1234

せくすちぇんじッ!
12345
678910
1112131415
1617

俺が我が家にやってきまして……。
12345
678910
1112131415
1617181920
2122232425
2627282930
31323334

小説(二次創作)
メルト
1

ある死神は
12345

俺が我が家にやってきまして……。 第14話


「簡単にいえば、小名護が異世界から自分を呼び出した」
「いや、わけがわからないから」

 円状のテーブルの一席に座る沙苗は、ジト目で説明をした友永を見つめている。
 沙苗の隣には友永とゆうきが座っていて、優希とは向かい合う配置で座っている。
 優希はといえば、やや気恥ずかしそうに視線を外したり、俯いたりしている。

「ほら小名護。自分で説明しろ」
「あ、えー、そうだな。魔法陣で俺が女になろうとしたら、失敗してもう一人の自分呼んだ」
「あー、本当に目指してたんだ……じゃなくて、失敗してもう一人の自分を呼ぶってどういうことよ! しかも、女の子で……」

 じっと、沙苗はゆうきを観察をしている。
 ゆうきはゆうきで、ニコニコして観察をされている。

「うへへ、さーちゃんに見られてる」
「……確かにどことなく小名護君に似てるわね。双子と言われても納得できそう」
「でも、小名護には兄妹なんていない。ついでに言えば、ゆうきは自分の世界だとオレじゃなくて、古池と親友なんだってよ」
「ふぅん……」

 流石に「異世界からきた」なんて言われて納得出来ないものまた当然のことであろうか。

「まあ、今のところはそれを信じましょうか。あなた達がわたしに嘘つく理由もないだろうし」
「ああ、そうしてもらえると助かる。な、小名護」
「あ、ああ、そうだな」

 はっきりと返答ができてない優希。

「でさ、小段君」
「なんだ?」
「どうして、急に苗字で呼んでるの? そんな仲じゃなかったよね?」
「そりゃ、両方共『小名護優希』だからだよ。区別するのに、男の小名護優希は苗字で呼ぶことにした」
「なるほどね……わたしは、小名護さんか君で区別――」
「ええー、下の名前で呼んでよー」

 不服そうにゆうきは沙苗に訴えかける。

「いや、この世界のわたしは初対面だし……」
「そーれーでーもー」
「……しょうがないわね。わたしはこの世界の古池沙苗だからね! 優希さん」
「わぁい!」

 随分と嬉しそうにするゆうきに、優希はうらやましそうに見つめているが、だからといって間に入ることもできなさそうだ。

「それで、あなた達はこのメンバーで何しにきたの?」
「いや、それが……」

 と、メガネを直しつつ濁す友永。

「私の下着を買いに来たんだけど」
「お前、ド直球だな……」

 濁したのに、それを無に返すゆうき。
 その返答に、沙苗は苦笑いを浮かべて、

「よかったら、ついていこうか?」
「「頼む!」」

 優希と友永は間髪入れずに答えを返すのだった。
prev next

AMaRo Project. 2014