ホーム

コンテンツ
あめいろぷろじぇくと!
Pクエスト(仮)
Twikker
わーどもんすたぁ
サモンズコール

小説(継続中)
神サマの忘れ物
12345
678910
1112131415
1617181920
212223

あの青空に祈りを捧げ
12345
678910
1112131415
1617181920
2122232425
2627282930
313233

即興小説トレーニング置き場
12

小説(完結)
突出幼心あくりょうちゃん
12345
678910
1112131415
1617181920
21

オレと兄貴と私がいるから
12345
678910

祭囃子〜記憶の隅に〜
1234

祭囃子〜聖なる夜に〜
12

ボクはネコ
1

フタツヤネノシタ
12345

魔女の契約
1234

暗黒の契約
12345

いのししレース ピキョ村のキピ
123

おにぎり落ちたそのまま食べた
12345

天使見習い頑張らない
1234

せくすちぇんじッ!
12345
678910
1112131415
1617

俺が我が家にやってきまして……。
12345
678910
1112131415
1617181920
2122232425
2627282930
31323334

小説(二次創作)
メルト
1

ある死神は
12345

俺が我が家にやってきまして……。 第21話


「うっひゃひゃー!」
「……」

 ザパーンと、ウォータースライダーの出口から勢い良く射出されるゆうき。
 その様子を黙って伺っている友永。

「友ちゃん! もう一回!」
「……いや、もういいだろ」

 実はすでに何度もスライダーで滑り降りており、これで何度目になるのか。
 ゆうきは友永にスッと手を伸ばすが、友永は払うかのように避ける。

「なんで避けるの?」

 スライダーは流れるプールからちょっと離れたところにあり、ゆうきが優希と沙苗に気を遣っているのは明白である。
 さらに、ゆうきが友永に好意も持っているということもあり、友永もこの行為の意味に疑問を持ち始めていた。

「あのな、気を遣ってどうするんだ? もしかして、これがプールに来る目的だったのか?」
「違う! プールは単純に来たかっただけ……気を遣ってるのは本当だけど……」

 胸に手を置いて、顔を下げるゆうき。友永と目を合わせることもできずに、口元がグッと引き締まる。
 そんな様子に友永も、頭をかいて「面倒な事になったな」と言いたげにため息を吐く。

「……それに、オレはお前に好意を抱けない」
「えっ?」
「オレの知ってる小名護優希という人間は男だ。お前と付き合うことになったら、そっちがどうしたって頭をよぎるだろ。それにな、お前が好きな小段友永はオレじゃなくて、お前の世界のソイツだろ。オレじゃ代わりにはなれない」
「友ちゃん……」

 一歩、ゆうきが後ずさる。

「まあ、少しだったら代わりになってやらなくはないけど、オレを好きになるんだったら元の世界に戻って、告白の一発かます方法を考えるんだな」

 気恥ずかしそうに、友永も視線を逸らす。
 ゆうきは、目を思い切り閉じてグッと力を入れる。それこそ、友永に対する気持ちを押し込めるように。

「小名護とゆうきが違うように、オレとお前の世界のオレも別の人間だ。お前と出会って、そう思うようになった」
「友ちゃんは、私に帰ってほしいと思ってるの?」
「それは、お前次第だな。帰りたいのか、帰りたくないのか。もっとも、お前を帰す方法もわからないけどな」
「そっか。私は……私は」
「まあ、だから答えをすぐに出す必要もなさそうだからな。それまでは、代わりにしてもらっても、いい、かな」
「……友ちゃん!!」
「ぬわっ!?」

 ガバッと、ゆうきは友永の身体にタックルするかのように突っ込んだ。
 友永は一瞬よろめいたが、それを受け止めてやる。ゆうきの腕が、身体が友永と密着する。
 親友が異性になった存在だが、この体温や感触はやはり別の人間でいて、かつ女の子であるという事を実感させられる。

「うっ……ひぐっ……」
「お前、なぁ……」

 友永の胸で嗚咽を漏らしているゆうき。
 それを友永が、やれやれと認めてやる。

「ったく、今日だけだからな、これは……」

 奇跡的に周りに人はいないので、しばらくこのままで。
 願わくば、優希がここまでこないように、と友永は思うのである。
prev next

AMaRo Project. 2014