ホーム

コンテンツ
あめいろぷろじぇくと!
Pクエスト(仮)
Twikker
わーどもんすたぁ
サモンズコール
どうぶつつなひき

小説(継続中)
神サマの忘れ物
12345
678910
1112131415
1617181920
212223

あの青空に祈りを捧げ
12345
678910
1112131415
1617181920
2122232425
2627282930
313233

即興小説トレーニング置き場
12

小説(完結)
突出幼心あくりょうちゃん
12345
678910
1112131415
1617181920
21

オレと兄貴と私がいるから
12345
678910

祭囃子〜記憶の隅に〜
1234

祭囃子〜聖なる夜に〜
12

ボクはネコ
1

フタツヤネノシタ
12345

魔女の契約
1234

暗黒の契約
12345

いのししレース ピキョ村のキピ
123

おにぎり落ちたそのまま食べた
12345

天使見習い頑張らない
1234

せくすちぇんじッ!
12345
678910
1112131415
1617

俺が我が家にやってきまして……。
12345
678910
1112131415
1617181920
2122232425
2627282930
31323334

小説(二次創作)
メルト
1

ある死神は
12345

俺が我が家にやってきまして……。 第30話


「案外、あっさり見つかったな。流石、小名護の女版と言ったところか」
「ああ、そうだな」

 別れた後、数分もしない内に、優希の携帯宛に、沙苗のメールが到着した。
 その場所は駅近くの公園であり、優希と友永はすぐにそこに駆けつけることにした。

 その公園は、遊具にキノコを模したオブジェがいくつも建っており、その中は空洞になっているものだ。
 優希らがそこに辿り着いた時には、そのキノコのオブジェの穴に腰をかけて膝を抱えるゆうきと、その横で一緒に座って様子を伺っている沙苗の姿があった。
 ゆうきが顔を上げて、優希の姿を見るやいなやプイッと顔を逸らしてしまった。

「って、なんで顔そむけるんだよ!」
「さーちゃん、いじめるよふえーん」
「はいはい、よしよし」
「って、ゴラァ!」

 なんでいつの間に、沙苗とはヨリを戻してるんだと突っ込みたくなる優希である。

「だって、さーちゃんには怒ってないもん! 友ちゃんなんか、ここまで来てくれたし」

 要するに、優希がゆうきをおいて家を出て行ったことに腹を立てていた、ということか。

「やっと見つけたと思ったら、アンタ魔法陣の本いっぱい持ってるじゃん! 私なんてもう用済みなのかと思ったんだよ!」
「んなわけ無いだろ?」
「そうだよ、優希さん」

 ゆうきの横の沙苗が頭をよしよしとなでて煽てる。

「わたしは、あなたが元の世界に戻ったほうがいいって思ってる。あ、でも、すぐにではないよ? いずれ、優希さんが戻りたい時だけど」
「うん」
「それは、この世界があなたの知ってる世界ではないから」
「うん」
「あなたの好きな小段くんは、この世界にはいないんだもんね」
「うん、振られた」

 優希は沙苗のいうことは聞きやがって、と喉まででかかり、友永はそんな事まで言うなよ……と、メガネのブリッジをあげる。

「優希さん――あなたは、どうしたい? この世界に留まりたい? それとも、帰りたい?」
「それは……この世界のさーちゃんや友ちゃんと、仲良く慣れたし、もう一人の自分――」

 と、一度ゆうきは言葉を止める。
 そして、

「小名護優希って男の子と知り合えた」

 優希は初めて、ゆうきが自分の名前を呼んだような気がした。そして、自分も彼女の事を呼んだことが無いように思えた。

「でも、知り合えたってことは、今まで私の事を知らなかったってことなんだよね。私は名前と顔を覚えていても、この世界のみんなは、知っているようで知らなかった」

 ゆうきは立ち上がって、目頭に残っていた涙を拭き取る。

「それが寂しかったし、辛かった。それに対して、優希――もう一人の自分はこの世界の小名護優希だから、みんなと知り合いで、それが羨ましかったんだ」

 ――でも。

「それは、私も元の世界でつかめるってことなんだよね。この世界の自分がさーちゃんと仲良くなれそう――恋人になれそうだし」
「「こ――」」

 優希と沙苗が同時に声を発して、止める。

「なら、私も出来るよね。だから、戻るよ。そして、絶対帰ってくる。行き来できるようにしたい。今度はみんなで会いたい。時間旅行じゃなから、悪い影響はないよね?」

 ここで、優希を始め、友永も沙苗も吹き出した。
 ゆうきは「え? なんで?」という表情をする。

「やっぱり、俺だ。やりたいことは、なんだって実現しようとする。小名護優希だ」
「でしょ? だから、アンタも迎えに来てよ」
「ああ、でもその前にお前を送り返さないとな」

 本当は、ちゃんと送り返せるかわからない。

「まあ、元の世界じゃなくても楽しめそうだから、いっちょお願い」

 でも、小名護優希という人間は、どんな状況になっても楽しめる人間だった。

「じゃ、俺の家に行こう。四人いれば魔法陣もすぐだろ」

 そして、みんなが頷く。
 ゆうきがいなければ、この夏休みは友永とだけ過ごす夏休みだっただろう。
 今は、ゆうきがいる沙苗がいる。

「じゃあ、その前に、優希くん」
「ん、どうした?」

 沙苗も飛び出すようにキノコのオブジェから立ち上がる。

「このまま中途半端な関係だと、優希さんも気になるだろうからさ」

 その勢いのまま、優希に近寄って、

「――ッ!?」

 優希の唇を、

「今日一日で、好きになりました。付き合ってください」

 奪っていった。太陽のような笑顔をうかべて。
 優希は今の一瞬で何が起きたのか、把握するまでに数分もの時間を有した。
prev next

AMaRo Project. 2014