ホーム

コンテンツ
あめいろぷろじぇくと!
Pクエスト(仮)
Twikker
わーどもんすたぁ
サモンズコール
どうぶつつなひき

小説(継続中)
神サマの忘れ物
12345
678910
1112131415
1617181920
212223

あの青空に祈りを捧げ
12345
678910
1112131415
1617181920
2122232425
2627282930
313233

即興小説トレーニング置き場
12

小説(完結)
突出幼心あくりょうちゃん
12345
678910
1112131415
1617181920
21

オレと兄貴と私がいるから
12345
678910

祭囃子〜記憶の隅に〜
1234

祭囃子〜聖なる夜に〜
12

ボクはネコ
1

フタツヤネノシタ
12345

魔女の契約
1234

暗黒の契約
12345

いのししレース ピキョ村のキピ
123

おにぎり落ちたそのまま食べた
12345

天使見習い頑張らない
1234

せくすちぇんじッ!
12345
678910
1112131415
1617

俺が我が家にやってきまして……。
12345
678910
1112131415
1617181920
2122232425
2627282930
31323334

小説(二次創作)
メルト
1

ある死神は
12345

俺が我が家にやってきまして……。 第32話


「よし、できた!」

 と、優希が声を上げる時には外は明るくなっていた。
 魔法陣を描き始めたのが、夕方。
 魔法陣を描き終えたのが、翌日の朝だった。

「お、おう、できたか」

 部屋のフローリングに描かれた大きな魔法陣。
 現在、優希の部屋にいるのはチョークを手に持つ優希、部屋の端で座り込んで白くなっている友永の二人。
 ゆうきは寝室で仮眠を取っており、沙苗も泊まりでゆうきと一緒だ。

「じゃあ、二人を呼んでくるか」

 優希がチョークを置いて、自室を出る。
 結局、魔法陣の作成は一晩かかり、友永と沙苗は優希の家に泊まっていった。
 食事や泊まりの準備で二人は一度、自宅に戻ったが、その後は全員で本とにらめっこしながらチョークでフローリングに刻み続けた。
 おかげで、部屋が白く霞んでいるように見えた。
 女子二人は眠さが限界とのことで、丑三つ時には寝室に行くように優希と友永が促した。
 その友永も、外がほんのり明るくなった頃に意識が朦朧とし始めて今に至る。
 ただ、魔法陣ができた、と言っても後一本線を描き足さねばいけない状態でとどめてある。
 完成させてしまったら、魔法陣はすぐに効果を発揮するからだ。
 呼びにいって、ゆうきがやってきたら魔法陣を完成させるのだ。

「ってことで、起きてるのだろうか?」

 ゆうきと沙苗が寝てるだろう部屋にノックをしてから、恐る恐る覗きこんでみる。

「おはよう」
「優希くん、おはよう」
 
 既に二人は目を覚ましていて、布団をたたみ終えていた。

「魔法陣完成したぞ」
「うん」
「ごめんね。最後任せちゃって」

 ゆうきは少しだけ寂しそうに、沙苗は申し訳無さそうに答える。

「二人は、ちゃんと寝れたのか?」
「実は……」
「優希さんとずっと話してたんだ」
「そっか」

 きっと、色々話しておきたい事があったのだろうか。
 別の世界の住人であるゆうきとの話題は尽きないことだろう。

「でも、私、もういかないとね」
「ああ、そうだな」

 優希はゆうきと沙苗を連れて、自室へ戻る。



「おはよう、友ちゃん」
「おはよう」
「……あ、ああ」

 友永はダメだった。
 ゆうきも沙苗もその様子を察して、それ以上は話しかけないようにした。
 優希は床に置いたチョークを手にとって、

「最後の一本描くぞ。二人も魔法陣から離れていてくれ」
「うん」
「わかった」

 魔法陣が完成したとたんに、効果を発揮するため上にいると危ないのだ。
 優希も魔法陣の外側に出て、最後の一本を描き足す。
 そして――

「おお……」
「わぁ……」
「すごい……」

 その瞬間に、その魔法陣が光輝き始めたのだ。
 ただのチョークの線だったのにもかかわらず、道を示す光のように輝いている。

「ってことで、ゆうき。いいのか?」
「うん」

 ゆうきの表情は迷っていなかった。

「さーちゃん」
「なに?」
「この世界のさーちゃんも、私の友達になってくれたね」
「うん」
「こんな私だったけど、ありがとう。それと、幸せになってね」
「うん!」

「友ちゃん」
「……なんだ?」
「やっぱり、私、友ちゃんの事が好き」
「そうか……でも、オレはお前のことが――」
「わかってる。だから、私の世界の友ちゃんに、絶対同じことをいうから」
「……ああ」
「でも、もし、この魔方陣が失敗だったら」
「……」
「改めて、告白してもいい?」
「…………オレをその気分にさせるんだったら、いいんじゃないか?」

「それと、優希」
「ああ」
「あなたに出会えて色々変わった」
「それは、俺もだ」
「本当は男になりたかったけど、でもあなたに会って、変わった気がした」
「俺も、女になりたいって思ってたけど、今はもう違うかな」
「私が変えちゃったね。あなたのことを」
「全くだ――俺もお前の事を変えたみたいだから、おあいこだな」
「うん」
「まあ、元気でやれよ。それと」

「「絶対に、また会おう」」

 二人は、『小名護優希』は握手を交わした。
 お互いの世界を再び結ぶことを誓って。

「またね。みんな」

 ゆうきは一歩、魔法陣に踏み出した。
 その瞬間、魔法陣が一層輝いて。

 ゆうきは――



 ――元の世界へ戻っていった。
 >>33話へ

 ――元の世界へ戻れなかった。
 >>34話へ
prev next

AMaRo Project. 2014