ホーム

コンテンツ
あめいろぷろじぇくと!
Pクエスト(仮)
Twikker
わーどもんすたぁ
サモンズコール

小説(継続中)
神サマの忘れ物
12345
678910
1112131415
1617181920
212223

あの青空に祈りを捧げ
12345
678910
1112131415
1617181920
2122232425
2627282930
313233

即興小説トレーニング置き場
12

小説(完結)
突出幼心あくりょうちゃん
12345
678910
1112131415
1617181920
21

オレと兄貴と私がいるから
12345
678910

祭囃子〜記憶の隅に〜
1234

祭囃子〜聖なる夜に〜
12

ボクはネコ
1

フタツヤネノシタ
12345

魔女の契約
1234

暗黒の契約
12345

いのししレース ピキョ村のキピ
123

おにぎり落ちたそのまま食べた
12345

天使見習い頑張らない
1234

せくすちぇんじッ!
12345
678910
1112131415
1617

俺が我が家にやってきまして……。
12345
678910
1112131415
1617181920
2122232425
2627282930
31323334

小説(二次創作)
メルト
1

ある死神は
12345

あの青空に祈りを捧げ 第13話


「まぁ、説明は終りだ。行ってやれ、彼女を……頼むぜ」

知兄貴は親指を立てて腕を前に出した。

「……その前に一つ、聞いていいか?」

「ん、なんだ?」

知兄貴は不思議そうに答える。

「『青空に祈りを捧げる』のは、何回までだと思う?」

「はぁ? なんだそれ……まぁ、ランプの魔人しゃないが、三回までじゃないか?」

「そうか……ありがとう。知兄貴」

俺はそういって、診察室から飛び出そうとした時、知兄貴に呼び止められた。

「そうそう、俺とお前は病院内では赤の他人としておけ、絶対従兄弟だというのは話すな。そういう関係だという事がバレると色々問題があるからな」

「……わかった」

改めて、俺は部屋から飛び出した。窓の外は夕日が眩しかったが、まだ空は青かった。

急いで、五階に駆け上がり彼女の病室に向かった。ドアをノックして、返答を待ってから入る。彼女は待っていましたという顔をしていた。そして、真剣な顔になる。

「先生と、何を話してのですか?」

「え、あっ……ちょっと、色々……」

俺は明らかに動揺していた。丸椅子が部屋の端に片付けられていたので、収納棚にもたれかかる。

「……あたしの事ですか?」

「……まぁ、うん。ごめん」

俺は彼女から目線を逸らしてしまった。お互いに沈黙。空気が重い。

「……あたしといて、楽しいですか?」

彼女がゆっくり口を開いた。

「えっ?」

俺は彼女の言葉に驚かされた。

「楽しいに決まってるじゃないか」

「あたし、颯太さんの時間を無駄にしてませんか?」

俺の脳裏に電撃が走った。くらくらした。心臓の鼓動が急に早くなった。

「そんな事絶対にない!」

もたれていた体勢から、彼女のほうに向きかえる。棚がガタンと揺れて、何かが床に落ちた音がした。

「あ……」

俺と彼女は同時に声を出した。棚の上にあった花瓶を落としてしまった。幸い、陶器製でなかったため花瓶は棚の上に戻すだけですんだ。だが、中の水が床に広がっていた。

「拭くものはここです」

彼女の手には白いタオルがあった。

「ありがと……」

俺が彼女のほうに向かったとき、ぬれた床で足を滑らせてバランスを崩してしまった。足が完全に浮いてしまっていて、彼女のほうに体が傾いていた。このままでは――

お互いに目を瞑ってしまった。そして、俺は彼女を押し倒してしまった。その後、どうなったのか分らないが、暫く静寂が続いていた。なんだか息が苦しい。俺は恐る恐る目を開けてみた。彼女の顔がすごい近くにあった。丁度彼女も目を開けたところだった。その瞬間、お互いに目を丸くした。

何故なら――



「うわっ、ご、ごめんなさい」

俺はすぐに立ち上がり、彼女も少し身を引いていた。お互いに目をそらし、顔を直視できない状態だった。体がほてってきた。俺はさり気なくドアの方を見た。

「あっ……」

彼女の母親が立っていて、体を震わせていた。そして、俺のところに向かってきた。

「あなた、こんなところで、優衣に、何やってんの!?」

彼女の母親は区切れ区切れかつはっきりと俺を怒鳴った。彼女は悲しそうな顔をしていた。

「早く出てって! もう来ないで!」

俺はこのすごい気迫に負けて、荷物を持って足早に立ち去ってしまった。彼女に情けないところをまた見せてしまった。


病院から出て、建物を見上げた。ここから彼女の部屋の窓が見えた。

「あれ?」

その部屋の窓が開き、彼女が身を乗り出し何かを投げた。しかし、その瞬間に母親に引き止められ窓を閉められ、更にはカーテンも閉められてしまった。

ゆっくりと降りてきた何かを俺はキャッチした。紙飛行機だった。広げてみると、ケータイのアドレスらしきものと、『月見野優衣』と彼女の名前が書いてあった。家に帰ってから、送ってみよう。俺はそう思い、病院を後にした。

まだ、彼女を連れて行かないでくれよ。


――俺は『あの青空に祈りを捧げた』
prev next

AMaRo Project. 2014