ホーム

コンテンツ
あめいろぷろじぇくと!
Pクエスト(仮)
Twikker
わーどもんすたぁ
サモンズコール
どうぶつつなひき

小説(継続中)
神サマの忘れ物
12345
678910
1112131415
1617181920
212223

あの青空に祈りを捧げ
12345
678910
1112131415
1617181920
2122232425
2627282930
313233

即興小説トレーニング置き場
12

小説(完結)
突出幼心あくりょうちゃん
12345
678910
1112131415
1617181920
21

オレと兄貴と私がいるから
12345
678910

祭囃子〜記憶の隅に〜
1234

祭囃子〜聖なる夜に〜
12

ボクはネコ
1

フタツヤネノシタ
12345

魔女の契約
1234

暗黒の契約
12345

いのししレース ピキョ村のキピ
123

おにぎり落ちたそのまま食べた
12345

天使見習い頑張らない
1234

せくすちぇんじッ!
12345
678910
1112131415
1617

俺が我が家にやってきまして……。
12345
678910
1112131415
1617181920
2122232425
2627282930
31323334

小説(二次創作)
メルト
1

ある死神は
12345

あの青空に祈りを捧げ 第19話


「友達ってやっぱりいいですね」

彼女の目からは涙が出ていた。よっぽど面白かったらしく、ずっとクスクスと笑っていた。

「まぁ、そうだね。どんなに『変人』でも友達はいいものです」

あ、俊之が起き上がってきた。

「『変人』ってなんだ。俺はそんなに変なのか?」

「変」

「変です」

即座に俺は答えた。彼女も答えた。俊之の体はピクピクと震えていた。流石に怒らせたか。

「ちょっと、優衣さんまで。酷い。酷すぎる……まぁ、御二人さんの邪魔をすると悪いから帰るな。じゃあね、『優衣さん』」

そう言って俊之は消えた。なんだったんだあいつは。

「……学校って、いいですね」

彼女はボソッと言った。

「なら、その内一緒に行こう」

「え? ……はい。いつか、お願いします」

彼女は一瞬驚いたかのような声を上げた後。すぐに返事をした。俺は決意した。いつか連れて行ってやると。

そうだ、俺はラノベを置いていったんだった。

「そういえばさぁ、小説っぽいものをここにお家来ちゃったんだけどさ、何かなかった?」

俺が聞くと、彼女はハッとして、本を取り出した。まさに俺の愛読書だった。ツンデレ女子高生がニックネームしか明かされていない男子高校生を巻き込んだ『世界を盛り上げる団』とかを作って活動している、あの有名なラノベだ。

「すいません。ちょっと、読ませてもらっちゃいました。颯太さんも読んでるじゃないですか」

微笑みながら、俺にラノベを手渡した。そういえば、『小説は読んでいない』と彼女に嘘ついていたっけ。

「ごめん。ちょっと、言いにくくてさ。面白かった?」

「すごい面白かったです。挿絵もあって、現代っぽいし、文学小説とは違った面白さがあります」

あぁ、彼女を連れて行かないでくれ(別の意味で)。

「そう? もし良かったら、貸そうか?」

って、連れて行っているのは俺か?

「あ、じゃあお言葉に甘えて……といいたいのですが、もう全部読んじゃいました。もしかして、他のこういった小説を持ってたりしますか?」

「持ってますよ。じゃあ、今度来たときに持ってくるよ」

「本当ですか!? すごい楽しみです」

彼女は満点の笑みを浮かべた。そして、俺はこのラノベを鞄に戻した。

「あ、そろそろ帰るね。今日は早く帰らなきゃいけないから」

「はい、わかりました。じゃあ、また今度」

俺は病室を後にした。頼むから、彼女を(別の意味で)連れて行かないでくれ。

――俺は『あの青空に祈りを捧げた』
prev next

AMaRo Project. 2014