ホーム

コンテンツ
あめいろぷろじぇくと!
Pクエスト(仮)
Twikker
わーどもんすたぁ
サモンズコール
どうぶつつなひき

小説(継続中)
神サマの忘れ物
12345
678910
1112131415
1617181920
212223

あの青空に祈りを捧げ
12345
678910
1112131415
1617181920
2122232425
2627282930
313233

即興小説トレーニング置き場
12

小説(完結)
突出幼心あくりょうちゃん
12345
678910
1112131415
1617181920
21

オレと兄貴と私がいるから
12345
678910

祭囃子〜記憶の隅に〜
1234

祭囃子〜聖なる夜に〜
12

ボクはネコ
1

フタツヤネノシタ
12345

魔女の契約
1234

暗黒の契約
12345

いのししレース ピキョ村のキピ
123

おにぎり落ちたそのまま食べた
12345

天使見習い頑張らない
1234

せくすちぇんじッ!
12345
678910
1112131415
1617

俺が我が家にやってきまして……。
12345
678910
1112131415
1617181920
2122232425
2627282930
31323334

小説(二次創作)
メルト
1

ある死神は
12345

あの青空に祈りを捧げ 第23話


何だか会話が続かない。相変わらず隣の部屋からは声が聞こえてくる。

俺はその会話に耳を傾けてみた。


『ボク元気だよ。何でまだ部屋から出ちゃダメなの?』

あぁ、叶音の声が聞こえる。駄々をこねる感じの口調だ。やっぱり、俺の苦手なタイプだなありゃ。

『だぁ! うるせぇ! 折角包帯取ってやりに来たのに「もぬけの殻」ときたもんだ。そもそもだな、包帯して目が見えないってのに部屋から出て危ないだろ?」

知兄貴の声も聞こえる。

『病院だから危なくないでしょ? それに隣のお姉ちゃんの部屋に行くだけなんだよ』

いや、その理屈はおかしい。病院でも十分に危ないだろう。例えば……えっと、ボケた爺さんがやってきて知兄貴みたいに拉致ってくとか……まぁ、それはないだろうが(むしろ、あったら俺でもビビるな)

『わかった、俺は帰る。包帯取ってやんねぇ。折角来週から学校に行けるのにな。延期だ延期だ。残念だ』

『わー! 先生帰らないで、取ってから帰ってよ。ボクが悪かった。だから――』

『ちょ、待て! 何処を掴んでんだ、俺の太もも掴んでんじゃねぇよ。やめ……わかったわかった帰らないから離せ――』

まるでコントか何かだな。俺は再びふいてしまった。面白いったらありゃしない。すると、彼女もクスクスと笑っていた。なんだ、彼女も聞いてたのか。

「元気いいな」

「そうだね……叶音ちゃん、早いうちに学校に復帰するって言ってたけど、もう来週なんだ……」

「みたいだな」

彼女は窓の外をしていた。きっと、彼女も学校へ行きたいのだろう……


『おい叶音! 待て! うわぁ!』

隣の部屋から知兄貴の叫び声が聞こえた。と、一瞬かニ瞬か経った時、叶音が彼女の病室に入ってきた。

「じゃじゃ〜ん」

誇らしげに効果音を自分でつけていた。叶音の包帯はなくなっていて、綺麗な目が輝いていた。

「かわいいね。叶音ちゃん」

「嬉しいな。お姉ちゃんに褒めたれちゃった」

叶音は嬉しそうにベットに飛び座った。本当元気だな。

「ボク、来週から学校に行くんだ」

嬉しそうに語る。だが……

「悪いが、丸聞こえだったぞ。残念だが俺も優衣も、もう知ってる」

そうだ、丸聞こえだった。

「が〜ん」

叶音はまた自分で効果音をつけて、後ろに倒れた。

「けど、うらやましいな」

彼女は微笑んでいた。けれども、裏では寂しそうな口調だった。

「お姉ちゃんも、きっと行けるよ」

叶音が言ったそのときだった。

「くぁぬぉおん!!!」

最早、日本語にすら聞こえないような叫び声で、知兄貴が部屋に入ってきた。なんか、びしょびしょになってところどころ花びらがくっ付いていた。察するに、花瓶の中身をぶっかけられたのだろう。流石叶音だ。
prev next

AMaRo Project. 2014