ホーム

コンテンツ
あめいろぷろじぇくと!
Pクエスト(仮)
Twikker
わーどもんすたぁ
サモンズコール

小説(継続中)
神サマの忘れ物
12345
678910
1112131415
1617181920
212223

あの青空に祈りを捧げ
12345
678910
1112131415
1617181920
2122232425
2627282930
313233

即興小説トレーニング置き場
12

小説(完結)
突出幼心あくりょうちゃん
12345
678910
1112131415
1617181920
21

オレと兄貴と私がいるから
12345
678910

祭囃子〜記憶の隅に〜
1234

祭囃子〜聖なる夜に〜
12

ボクはネコ
1

フタツヤネノシタ
12345

魔女の契約
1234

暗黒の契約
12345

いのししレース ピキョ村のキピ
123

おにぎり落ちたそのまま食べた
12345

天使見習い頑張らない
1234

せくすちぇんじッ!
12345
678910
1112131415
1617

俺が我が家にやってきまして……。
12345
678910
1112131415
1617181920
2122232425
2627282930
31323334

小説(二次創作)
メルト
1

ある死神は
12345

あの青空に祈りを捧げ 第24話


知兄貴は黙って叶音をつれて帰っていった。叶音の抵抗も空しくあっさりと部屋から消え失せた。

またまた部屋が静かになる。外は、もう暗くなっていた。

「学校かぁ……叶音ちゃん、楽しくいければいいね」

「そうだね」

俺は決意をした。

「俺が、優衣を学校に連れて行くよ」

「え……?」

「一日だけかもしれないけど、俺が優衣を連れて行く。誰かに反対されても、止められても絶対に……」

俺は、荷物を持った。

「ごめん、そろそろ帰るよ」

「そうですか……」

彼女は微笑んでいた。俺も微笑み返す。

「そうだ、明日は検査で明後日はお母さんが来るので、来るんだったら月曜日にしてもらえるかな?」

「うん、わかった」

俺は、彼女の病室を後にした。そして、階段を下りて1階まで来た。

「おい、颯太」

知兄貴に呼び止められた。少し、ご機嫌は斜めだが、そこまでは怒ってはいなかった。

「何だ? 知兄貴」

「ちょっと紹介しておきたい人がいる」

紹介したいって誰だ? 俺は疑問を持ちながらあの診察室に入った。

*

俺、俊之は颯太と別れた後、俺は自宅に向かわずにとある道を歩いていた。颯太の家に一番近い道。

少し歩くと静香の家、ケーキ屋の前にたどり着いた。やっぱり昔と変わらないケーキ屋。クリームの甘い香りが漂ってくる。いい匂いだ。

俺が通過しようとしたとき、突然呼び止められた。

「俊之? どうしたの?」

未来の店長。静香がエプロン姿でドアを半開きにしてこちらを見ていた。どうやらボールでクリームをあわ立てている最中らしい。

「ちょっと、颯太の家に用事がな」

「そうなんだ。後で私も行っていい?」

「いいよ」

「じゃあ、このケーキが焼きあがったらもって行かせてもらうよ」

静香はボールを少し持ち上げてアピールをするかのように言った。そういえば、静香の作ったケーキは食べた事なかったな。

「わかった。待ってるよ」

そう返事をすると静香はニコッとした後、ドアを閉めた。俺は再び歩き出す。

もう暫くすると、颯太の家に到着。チャイムを鳴らす。

「お、俊之君。いらっしゃい」

颯太の親父さんが出てきた。今日も元気そうだ。俺は、挨拶を交わして家の中に入れてもらった。
prev next

AMaRo Project. 2014