ホーム

コンテンツ
あめいろぷろじぇくと!
Pクエスト(仮)
Twikker
わーどもんすたぁ
サモンズコール

小説(継続中)
神サマの忘れ物
12345
678910
1112131415
1617181920
212223

あの青空に祈りを捧げ
12345
678910
1112131415
1617181920
2122232425
2627282930
313233

即興小説トレーニング置き場
12

小説(完結)
突出幼心あくりょうちゃん
12345
678910
1112131415
1617181920
21

オレと兄貴と私がいるから
12345
678910

祭囃子〜記憶の隅に〜
1234

祭囃子〜聖なる夜に〜
12

ボクはネコ
1

フタツヤネノシタ
12345

魔女の契約
1234

暗黒の契約
12345

いのししレース ピキョ村のキピ
123

おにぎり落ちたそのまま食べた
12345

天使見習い頑張らない
1234

せくすちぇんじッ!
12345
678910
1112131415
1617

俺が我が家にやってきまして……。
12345
678910
1112131415
1617181920
2122232425
2627282930
31323334

小説(二次創作)
メルト
1

ある死神は
12345

あの青空に祈りを捧げ 第25話

・親父プロジェクトその3〜過去〜

*

「さて、何かわかったのか?」

俺と俊之君はテーブルに向かい合うように座っていた。

「はい。颯太は、病院に入院している女の子と会ってました」

「そうなのか……因みに、何で入院しているんだ?」

「すいません、それはいえません」

「そうか……まぁ、これ以上深くは突っ込まないでおこう。けど少し、俺の友人の話を聴いてもらってもいいかな?」

「別にいいですよ」

*

その男には幼馴染みが2人いた。男と女の2人。その女の方は生れつき体が弱くてな、ことあるごとに風邪をひいていた。

特に、季節の変わり目とかな。その男と幼馴染みの男はその都度、見舞いに行っていた。とても心配だった。何時もいつも風邪をひいて……その関係が高校くらいまで続いた。

それでも幼馴染みの女は相変わらずだった。やはり男2人は見舞いに行っていた。心配という気持ちは何時しか恋にまで発展しようとしていた。

その頃から、男2人は幼馴染みの女とよく会うようになっていた。

最早彼女争奪戦と呼んでもおかしくはない光景だった。

しかし、3人でいたときに突然女の容態が悪化した。すぐに病院へ運ばれ検査をした。肺に悪性の腫瘍が出来たとか。男2人は部外者として追い出されたからよく知らなかった。

すぐに手術が始められた。この手術は成功に終わったのだが、ガンの可能性をありえるらしく、再び悪化する事があるということだった。

男達は女をさらに気遣うようになった。むしろ、何時倒れてもいいように男2人が交代して一緒にいるような感じだった。

何時の日か、男が2人だけであった日に幼馴染みの男がその男に言った『あいつはお前と一緒にいるのがいい』と。

高校・大学を経て、幼馴染みの男にバックアップをされながらも、その男と幼馴染みの女は結ばれ、子どももできた。

そんな、幸せな日々が続いていたが、子どもが小学校3年のことだった。

女の病態が悪化した。全身にガンがまわっていたのだった。抗がん剤でどうにか命を取り留めたが、副作用によって髪が抜け、子どもは近寄らなくなってしまった。

子どもは母親を疎遠して、中学2年生になったばかりだった。

男と女が2人きりでいたときに、限界が来た。

女は逝ってしまった。男は後悔した。子どもも後悔した……

*

俺は言葉がつまり、涙が出てきた。こんな適当にまとめた過去なのに……

「もしかして、この話っておじ……」

「いいや、嘘ついて悪かった……」

俺はテーブルに伏せた。彼女との思い出をもう一度、思い出した……
prev next

AMaRo Project. 2014