ホーム

コンテンツ
あめいろぷろじぇくと!
Pクエスト(仮)
Twikker
わーどもんすたぁ
サモンズコール
どうぶつつなひき

小説(継続中)
神サマの忘れ物
12345
678910
1112131415
1617181920
212223

あの青空に祈りを捧げ
12345
678910
1112131415
1617181920
2122232425
2627282930
313233

即興小説トレーニング置き場
12

小説(完結)
突出幼心あくりょうちゃん
12345
678910
1112131415
1617181920
21

オレと兄貴と私がいるから
12345
678910

祭囃子〜記憶の隅に〜
1234

祭囃子〜聖なる夜に〜
12

ボクはネコ
1

フタツヤネノシタ
12345

魔女の契約
1234

暗黒の契約
12345

いのししレース ピキョ村のキピ
123

おにぎり落ちたそのまま食べた
12345

天使見習い頑張らない
1234

せくすちぇんじッ!
12345
678910
1112131415
1617

俺が我が家にやってきまして……。
12345
678910
1112131415
1617181920
2122232425
2627282930
31323334

小説(二次創作)
メルト
1

ある死神は
12345

あの青空に祈りを捧げ 第29話

・親父プロジェクトその4〜始動〜

「あ、俺が行ってきます。誰か大体予想がつくので」

俊之君がそう言って玄関のほうへ向かっていった。俺は涙を拭って平然としていた(したつもりだった)。

玄関の開く音がした。俊之君と聞き覚えのある女の子の声がした。楽しそうに少し会話をした後、こちらに向かってきた。

「こんにちは、おじさん」

静香ちゃんだった。久しぶりに家に来たが、見ないうちに随分大人になっていた。静香ちゃんはケーキ屋の箱を持っていた。

「久しぶりだね。元気だったかい?」

「はい。後、これどうぞ。ケーキ、焼いてみたのですが美味しくできたかちょっと、自信がないのですが……」

そういって静香ちゃんは手に持っていた箱を俺に手渡した。開けて見てはいないがとてもおいしそう……な気がする。

「ありがとう。じゃあ、早速いただこうかな?」

俺は食器棚から3セットのフォークと皿を持ってきた。それらをテーブルにおいてケーキの入った箱を開けた。

おいしそうな白いケーキが1ホールが姿を見せた。俺は早速4等分にしてそれぞれの皿に盛った。

「っておじさん、流石に喰いきれないっすよ」

「そうですよ、おじさん」

俺は少し苦笑いをした。流石に喰いきれないよな。俺は頭をかいて、使い捨ての容器を持ってテーブルの上に置いた。

「とりあえず座ってくれ。喰いきれない分は、これに入れてもって帰ってくれよ」

そう言って俺はフォークを手渡した。2人が座るのを確認すると手を合わせてからケーキを口に運んだ。ふわふわのスポンジに程よい甘さでとろけるような生クリーム。

「美味い!」

と、叫んだのは俊之君だった。そして、フォークを静香ちゃんの方向へ向けていった。

「これ、本当に静香が作ったのか?」

その言葉を聴いて、静香ちゃんは頬を膨らませた。

「そうだけど、何? 信じられない? 私が作ってたところ見てたよね?」

今度は俊之君が信じられないような表情になった。俺は2人の様子を見ながらケーキをいただいている。

「あぁ、信じられないね。あんな、男と元気よく遊んでいたような奴がケーキ作りか?」

「悪かったね! いらないなら、返してよ」

静香ちゃんはテーブルをバンッと叩いて俊之君が食べているケーキの皿を取ろうとした。だが、俊之君は悟ると瞬間的に半分ほど残っていたケーキを口に押し込んだ。口が大きく膨張してとても苦しそうな顔をしている。

「あぁ!」

すごい悔しそうに、静香ちゃんは叫んでいた。俊之君はというと勝ち誇ったかのような顔をしていた。

「2人とも仲がいいんだな」

俺がボソッと言うと、静香ちゃんは「えぇ?」と皿を思ったまま声をあげ俊之君は咳き込み始めた。

「そんな事ないです!」

ほら、2人同時に答える。

お互いに顔を赤くして別の方向へ向けていた。

「茶化して悪かった。ところで、ちょっとついてきて欲しいところがあるのだが、運動がてらどうかな?」

俺は立ち上がって、2人に聞いてみた。2人ともいいですよと声をそろえて答えてくれた。

「じゃあ、早速行きますか」

俺たちはケーキを完食した後の皿を残して、とあるところへ向けて出発した。
prev next

AMaRo Project. 2014