ホーム

コンテンツ
あめいろぷろじぇくと!
Pクエスト(仮)
Twikker
わーどもんすたぁ
サモンズコール
どうぶつつなひき

小説(継続中)
神サマの忘れ物
12345
678910
1112131415
1617181920
212223

あの青空に祈りを捧げ
12345
678910
1112131415
1617181920
2122232425
2627282930
313233

即興小説トレーニング置き場
12

小説(完結)
突出幼心あくりょうちゃん
12345
678910
1112131415
1617181920
21

オレと兄貴と私がいるから
12345
678910

祭囃子〜記憶の隅に〜
1234

祭囃子〜聖なる夜に〜
12

ボクはネコ
1

フタツヤネノシタ
12345

魔女の契約
1234

暗黒の契約
12345

いのししレース ピキョ村のキピ
123

おにぎり落ちたそのまま食べた
12345

天使見習い頑張らない
1234

せくすちぇんじッ!
12345
678910
1112131415
1617

俺が我が家にやってきまして……。
12345
678910
1112131415
1617181920
2122232425
2627282930
31323334

小説(二次創作)
メルト
1

ある死神は
12345

あの青空に祈りを捧げ 第3話


俺は彼女の座る車椅子を押している。

「ここ左です。次は右で――」

そんな感じで彼女に案内されながら俺は車椅子を押していく。

彼女が言うにはこの辺の病院に入院をしているらしい。何故入院しているかは聞かなかったし、教えてももらっていない。


「あれが、あたしの入院している病院です」

彼女は指をさした。その方向には大きな建物が建っていた。この辺にはあまり詳しくないのであんなところに病院が存在しているとは知らなかった。

「結構立派そうですね」

「外面だけですよ。内面は静か過ぎるし、食事はあまり美味しくないし、ずっと寝ているように言われるし……実は、今日も勝手に抜け出してきたんですよ」

「そんなことして、いいんですか?」

彼女は微笑みながら言っているが俺はそれを聞いて驚いた。

「もちろん駄目ですよ。けど、いつも寝てばかりじゃあつまらないですよ」

「……そうですよね」

俺は少しうらやましかった。しかし、寝てばかりというのも確かにつまらない。

……そして、沈黙。


進み続けること十数分。病院の門の前までやってきた。正面に少し歩くと病院内への入り口となっている。

『橘病院』

この病院の名前らしい。俺は車椅子を押しながら門の中へ入った。午前中のせいかあまり人の姿は無い。

「ここまででいいですよ」

彼女は俺の方を向いて言った。

「病室まで送りますよ」

「いえ、その……」

彼女は何かを言いたそうだった。その時、俺は突然、車椅子のグリップを持つ右手を弾かれた。俺は弾いた手の主を確認した。

「あなたは誰なの?」

俺の手を弾いたのは中年のおばさんだった。強気の口調だ。そして、俺の事を睨んでいる。

「俺は彼女の本を――」

「そうね、わかった。優衣を連れ去りに来たのね、そうなのね?」

俺の話をまともに聞こうとせずに何を言っているんだこのおばさんは……

「優衣。いきましょ」

おばさんは無理矢理車椅子のグリップを俺から奪い、睨みながら病院の方へ向かっていった。彼女を連れ去っていったのはおばさんの方じゃないか!

一方、彼女は申し訳無さそうに俺の方を見ていた。そして、彼女は手で何かの合図を送っているようだ。

『5……1……2……』

そう読み取れる。おばさんは彼女に気がつき、体を前に向けさせる。その後、病院建物の中に入って行き、姿が見えなくなった。俺一人残された。

その喪失感と共に大事な事を思い出した。

「あ……学校……」

病院の時計を見ると9時をとっくに過ぎていた。
prev next

AMaRo Project. 2014