ホーム

コンテンツ
あめいろぷろじぇくと!
Pクエスト(仮)
Twikker
わーどもんすたぁ
サモンズコール
どうぶつつなひき

小説(継続中)
神サマの忘れ物
12345
678910
1112131415
1617181920
212223

あの青空に祈りを捧げ
12345
678910
1112131415
1617181920
2122232425
2627282930
313233

即興小説トレーニング置き場
12

小説(完結)
突出幼心あくりょうちゃん
12345
678910
1112131415
1617181920
21

オレと兄貴と私がいるから
12345
678910

祭囃子〜記憶の隅に〜
1234

祭囃子〜聖なる夜に〜
12

ボクはネコ
1

フタツヤネノシタ
12345

魔女の契約
1234

暗黒の契約
12345

いのししレース ピキョ村のキピ
123

おにぎり落ちたそのまま食べた
12345

天使見習い頑張らない
1234

せくすちぇんじッ!
12345
678910
1112131415
1617

俺が我が家にやってきまして……。
12345
678910
1112131415
1617181920
2122232425
2627282930
31323334

小説(二次創作)
メルト
1

ある死神は
12345

あの青空に祈りを捧げ 第33話

・協力者 後編

俺が家に入ると、親父がニコニコしながら玄関に立っていた。

「よぉ、遅かったなぁ!」

ウザイ。俺は親父を軽く無視をして、部屋に向かう。それでも、親父は「はっはっはっ」と笑い声を上げていた。畜生。何なんだ。

部屋に逃げ込んで、ベッドに倒れこむ。何だか、毎日疲れている気がする。


「……朝か」

気がつけばすでに目覚めなければいけない時間になっていた。

今日は金曜日で、俺は黙々と準備をして学校へと向かう。

「よう、颯太」

「おう、俊之」

なんだか幸せそうではあるが、完全に疲れきっているという表情をしている。

「……なんかあったか?」

「いやいやいや、何もないぞ! 昨日は何もなかったぞ!」

「……そうか」

どこか怪しいが、言及したところで答えてもくれないか。

「で、颯太」

「なんだ?」

「ちょっと、相談があるんだが」

きっと、コイツなら乗ってくれるはず。

俺が何をしたくて、どうしたいのかを伝える。

「面白そうじゃねーか。で、これどうすんの? 不法侵入でもするつもりかよ」

「一応は、先生に相談してみる。それでもダメなら夜にでも強行突破だ」

「大きく出るな……でも、できる限りのことは協力するぜ」

「ああ、ありがとう」

「それと……静香にも連絡しておくわ。仲間は多いほうがいいだろ?」

「え、ああ、そうだな」

なんか、名前を呼ぶときすごく嬉しそうじゃなかったか?
prev

AMaRo Project. 2014