ホーム

コンテンツ
あめいろぷろじぇくと!
Pクエスト(仮)
Twikker
わーどもんすたぁ
サモンズコール
どうぶつつなひき

小説(継続中)
神サマの忘れ物
12345
678910
1112131415
1617181920
212223

あの青空に祈りを捧げ
12345
678910
1112131415
1617181920
2122232425
2627282930
313233

即興小説トレーニング置き場
12

小説(完結)
突出幼心あくりょうちゃん
12345
678910
1112131415
1617181920
21

オレと兄貴と私がいるから
12345
678910

祭囃子〜記憶の隅に〜
1234

祭囃子〜聖なる夜に〜
12

ボクはネコ
1

フタツヤネノシタ
12345

魔女の契約
1234

暗黒の契約
12345

いのししレース ピキョ村のキピ
123

おにぎり落ちたそのまま食べた
12345

天使見習い頑張らない
1234

せくすちぇんじッ!
12345
678910
1112131415
1617

俺が我が家にやってきまして……。
12345
678910
1112131415
1617181920
2122232425
2627282930
31323334

小説(二次創作)
メルト
1

ある死神は
12345

突出幼心あくりょうちゃん 第15話


「……あ、悪い。これこれ」

義樹はそう言って、冊子を手渡してきました。表紙には『ロミオとジュリエット』と『野球部』と書いてありました。

「何これ?」

「夏休みが終わったら、文化祭があるだろ? そん時に野球部有志で劇をやることになったんだ。だからその練習に思ったんだけど……どうだった? 今の」

僕は肩を撫で下ろしました。劇の練習でした。てっきり、本気かと思いましたよ。

「本当かと思って、ビックリしたよ」

「そうか、よかった。そんで、悪かったな。脅かして」

「ううん。だったら、安心した。じゃあ、行こうか」

「そうだな」

そして、僕と義樹は部屋を出て行きました。温泉にレッツゴーです。

廊下には宿で働いている人としかすれ違いません。もしかして、この宿は客が来ないのか、貸切なのか……

そして、脱衣所に到着しました。結構広くて、驚きました。僕らは浴衣を脱ぎ、浴場へ向かいます。湯煙の中、大きな露天風呂が現れました。仕切りの向こう側には人の気配がして、湯煙も立っています。きっと、春香たちでしょう。

僕は温泉に浸かりました。夏だけど温かくてとても気持ちがいいです。

「あぁ、気持ちいいな」

義樹がタオルを頭に乗せながら言います。まるでおじさんに見えなくもないです。

上空を見ると、湯煙に混じって星や月が輝いてとても綺麗です。

そういえば、あくりょうちゃんは何者なんだろうか、最近気にしてなかったな。何処から来て、何のために僕のところに来たのだろうか。いつかわかるときが来るのかな? そして、いつか――

そんな事を思っていると、僕の目の前にあくりょうちゃんが……って、えぇ!?

「うわぁっ!」

僕も義樹も驚いて立ち上がりました。というか、何であくりょうちゃんがいるの? そして、何で背中から鎌を取り出してるの? 待って、こんなところで僕に向けないで。ちょっと、うわぁぁぁ!

僕は縦に真っ二つにされて温泉に浮んでます。温泉が真っ赤に染まっていきます。さらに、鎌の威力が強かったのか後ろの仕切りがずれていきます。数秒もたたないうちに仕切りが倒れて……


「うわぁぁぁぁ!」

「きゃぁぁぁぁ!」

叫び声が旅館近辺に広がるのでした。旅館の人が来たらどんな反応を示すのだろうか……とりあえず、僕を元に戻してください。僕の意識は少しずつ薄れていきました……
prev next

AMaRo Project. 2014