ホーム

コンテンツ
あめいろぷろじぇくと!
Pクエスト(仮)
Twikker
わーどもんすたぁ
サモンズコール

小説(継続中)
神サマの忘れ物
12345
678910
1112131415
1617181920
212223

あの青空に祈りを捧げ
12345
678910
1112131415
1617181920
2122232425
2627282930
313233

即興小説トレーニング置き場
12

小説(完結)
突出幼心あくりょうちゃん
12345
678910
1112131415
1617181920
21

オレと兄貴と私がいるから
12345
678910

祭囃子〜記憶の隅に〜
1234

祭囃子〜聖なる夜に〜
12

ボクはネコ
1

フタツヤネノシタ
12345

魔女の契約
1234

暗黒の契約
12345

いのししレース ピキョ村のキピ
123

おにぎり落ちたそのまま食べた
12345

天使見習い頑張らない
1234

せくすちぇんじッ!
12345
678910
1112131415
1617

俺が我が家にやってきまして……。
12345
678910
1112131415
1617181920
2122232425
2627282930
31323334

小説(二次創作)
メルト
1

ある死神は
12345

突出幼心あくりょうちゃん 第17話


温泉旅行から帰ってきて、数週間。僕たちは何事もなく夏休みをエンジョイしていました。

しかし、エンジョイしすぎた結果……


「うお〜終わらねぇ」

義樹がテーブルに伏せました。

「私は、後数学だけね」

と、春香。

「僕は、後……」

って、あくりょうちゃん? 何で鎌を持ってるの? そして、何で振りかぶってるの? ごめん、構ってあげられなくてごめん。でも、あくりょうちゃんが嫌いなわけじゃないよ。だから許して、振らないで。お願い。お願い。あぁ……。

僕は縦に半分になって、床に転がります。

「あくりょうちゃん。ちゃんと直しておくんだよ?」

「わかった!」


今は、何故か春香の家で勉強会をしています。僕・義樹・春香・白井さん・あくりょうちゃんと大人数が集まっています。後3日で夏休みが終わります。急ピッチで宿題の処理。これが、勉強会の目的です。

「ねぇ、白井さん? 終わった?」

春香が白井さんの宿題テキストを覗き込みます。

「完答すると不審に思われるので10パーセントの割合で間違えてある」

「……そうなんだ」

表情やトーンを変えずに答える白井さん。苦笑いして返答の返事をする春香。そりゃそんなこと言われたら……しかも、白井さんの文字は新聞の活字のような字ですし。というか、あくりょうちゃん? 僕を放置して、僕の麦茶飲まないでよ。

「にはっ♪」

まぁ、いいか。


そして、宿題を終えみんなでくつろいでます。春香は何かの雑誌を広げて読んでます。

「何読んでるの?」

僕は横から聞きます。あくりょうちゃんも興味深そうに覗き込みます。

「これ、今度みんなで行きたいなって」

雑誌には『今でも間に合う沖縄旅行』とあります。後3日では今からは間に合いませんよ。でも、いいかもしれない。

「そうだね」

僕は返事します。春香は一枚の写真を指差します。

「これ、綺麗だよね」

その写真に写っているのは『星の砂』です。砂が星の形になっていて綺麗です。

「本当に綺麗だね」

と、あくりょうちゃんが目を輝かせて見てます。

「あくりょうちゃんもそう思う?」

春香が聞くと「にはっ♪」と笑みを浮かべて答えました。

「欲しいな。星の砂」

「そうだね。今度行ったときたくさん拾ってこようよ」


暫くもしないうちに解散して、僕とあくりょうちゃん・義樹・白井さんはそれぞれ自分の家に帰りました。


僕はまだ気がつかなかった。その日の夜……


――あくりょうちゃんがいなくなった。
prev next

AMaRo Project. 2014