ホーム

コンテンツ
あめいろぷろじぇくと!
Pクエスト(仮)
Twikker
わーどもんすたぁ
サモンズコール
どうぶつつなひき

小説(継続中)
神サマの忘れ物
12345
678910
1112131415
1617181920
212223

あの青空に祈りを捧げ
12345
678910
1112131415
1617181920
2122232425
2627282930
313233

即興小説トレーニング置き場
12

小説(完結)
突出幼心あくりょうちゃん
12345
678910
1112131415
1617181920
21

オレと兄貴と私がいるから
12345
678910

祭囃子〜記憶の隅に〜
1234

祭囃子〜聖なる夜に〜
12

ボクはネコ
1

フタツヤネノシタ
12345

魔女の契約
1234

暗黒の契約
12345

いのししレース ピキョ村のキピ
123

おにぎり落ちたそのまま食べた
12345

天使見習い頑張らない
1234

せくすちぇんじッ!
12345
678910
1112131415
1617

俺が我が家にやってきまして……。
12345
678910
1112131415
1617181920
2122232425
2627282930
31323334

小説(二次創作)
メルト
1

ある死神は
12345

突出幼心あくりょうちゃん 第19話


僕の家からバイク(全速力)で20分。橘海岸に到着しました。

夏休みの終りだけど、まだ夏。だけど、遊びに来ている人はいないようでした。

春香はバイクのまま砂浜に突入して止めました。僕も春香もヘルメットを取って、バイクにしまいました。

「あくりょうちゃん……いるかな?」

春香は心配そうに言います。僕も「そうだね」と答えてあたりを見渡します。

響き渡る波の音。遠くにしゃがみこんでいる人影が見えました。

「あれじゃない!」

僕と春香は走ってその人影の元へ向かいました。近づくごとに予想は確信へと変わり。

「あくりょうちゃん!」

と、ついに見つけることが出来ました。

「駄目でしょ!? 勝手に出て行っちゃ!」

僕は叱りました。砂にまみれているあくりょうちゃんは目に涙を溜めて、申し訳なさそうに僕と春香の事を交互に見ていました。

「でも、良かった。無事で」

僕は優しくあくりょうちゃんの頭を撫でました。叩かれると思ったのか怯えた表情で肩をすくめてあくりょうちゃんは目を瞑ってました。そして、すぐに安心してホッとしたような表情に変わりました。

「あ、私、向こう行ってるね」

春香は一人でもと来た方向に行こうとしました。もしかして僕、怒らせた?

「待っ……」

と、僕が声をかけるより先にあくりょうちゃんは、春香の腕を掴みました。春香は驚いてあくりょうちゃんを向きました。

「ホ……シ……」

溜めていた涙が溢れ出しました。あくりょうちゃんの頬を一筋の光が流れ出しました。春香は「私が間違ってました」と言わんばかりの表情をして。

「じゃあ、探そっか。3人で」

と、言いました。あくりょうちゃんはすぐに「にはっ♪」と元の笑顔になりました。

見つかるはずの無い星の砂。僕たちはわかりながらも探すのでした。


……もしかして春香、妬いてた?
prev next

AMaRo Project. 2014