ホーム

コンテンツ
あめいろぷろじぇくと!
Pクエスト(仮)
Twikker
わーどもんすたぁ
サモンズコール
どうぶつつなひき

小説(継続中)
神サマの忘れ物
12345
678910
1112131415
1617181920
212223

あの青空に祈りを捧げ
12345
678910
1112131415
1617181920
2122232425
2627282930
313233

即興小説トレーニング置き場
12

小説(完結)
突出幼心あくりょうちゃん
12345
678910
1112131415
1617181920
21

オレと兄貴と私がいるから
12345
678910

祭囃子〜記憶の隅に〜
1234

祭囃子〜聖なる夜に〜
12

ボクはネコ
1

フタツヤネノシタ
12345

魔女の契約
1234

暗黒の契約
12345

いのししレース ピキョ村のキピ
123

おにぎり落ちたそのまま食べた
12345

天使見習い頑張らない
1234

せくすちぇんじッ!
12345
678910
1112131415
1617

俺が我が家にやってきまして……。
12345
678910
1112131415
1617181920
2122232425
2627282930
31323334

小説(二次創作)
メルト
1

ある死神は
12345

突出幼心あくりょうちゃん 第5話


「ねぇ……本当に大丈夫?」

「この通りピンピンしてるし、大丈夫だよ」

僕と春香、そしてあくりょうちゃんが学校へ向かっています。

因みにあの後、僕はあくりょうちゃんによって無事修復されたのでした。

本当に不思議です。あくりょうちゃんは何のために僕の元へ来て、何のために半斬殺をするのでしょうか? 謎は未だに解明されていません。


そんな事を考えていると、教室の前に立っていました。いつ靴を履き替えたっけ?

とにかく、僕は自分の席に着きました。あくりょうちゃんは相変わらず、僕の肩に手を乗せて浮いています。

「よう、元気か?」

元気そうに話しかけてきたのは、僕の小学校からの友人『源 義樹(みなもと よしき)』です。義樹は野球部に所属していて、非常に上手い。夏休みを経て三年生が引退したら、部長は義樹になる可能性が高いそうです。それに、頼りになって気が利き、困った時には親身になって相談を受けてくれる、いわゆるいいヤツなのです。

「お前も、大変だな。こんなのに付きまとわれて」

義樹はあくりょうちゃんを指して、言いました。

「まぁね、でも、とても楽しいよ」

僕は笑みを浮かべる。けど、楽しいけどやっぱり疲れる。

「無理はしないようにな。辛くなったり、何かあったら俺に言ってくれよ」

「うん、ありがとう。その時は相談させてもらうよ」

会話をしていると、担任の先生が入ってきました。

「じゃあ、また後でな」

「うん」

互いに手を挙げて、義樹は席に戻っていった。


授業は何事も無く行われていきました。休み時間ごとに義樹と会話して、たまにあくりょうちゃんに斬られます。けど、授業中はそんな事は無く平和です。

あくりょうちゃんと出会ってからこんな感じが続いていますし、これからも……これから? 本当にこのままが続くのだろうか……

考えていると、肩を軽く叩かれました。振り向くとバットと荷物を持っている義樹がいました。

「今日は、久々に部活が休みだから一緒に帰ろうぜ」

「そうなんだ、じゃあ一緒に帰ろ」

僕は荷物を持って、校舎を出ました。途中、廊下で春香が追い着いて合流しました。左から春香・僕・あくりょうちゃん・義樹の順で道を歩いています。

「こういうのも久しぶりだよね」

春香が空を見ながら言いました。僕と義樹は「そうだね」と答えます。

「私達って、少しずつ離れて行っちゃうんだろうね。それぞれの道に進んで大学に行ったら、さらに離れちゃうんだよね。そして……」

春香は寂しそうに言って、途中で止まりました。そうだ、僕らは少しずつ離れていく。もしかしたら、『友達』から時間が経つと『他人』に格下げになるかもしれない。そして、あくりょうちゃんも例外なく――

無言のまま、十字路にやってきた。家に帰るには、それぞれ分れなければいけない。この『分れる』が『別れる』に変化してしまうかもしれない。それは一種の恐怖である。

「じゃあ、私はこっちだから。じゃあね」

春香は明るく言って、走って去っていきました。その明るい顔の中には寂しさも含まれていた。

「俺はこっちだから。俺も、春香の言葉を聞いて考えちゃったよ。優も考えるのはいいけど、考え過ぎないようにな。じゃあな」

義樹は一瞬僕の肩にポンと置いてから、去っていきました。

僕は、真っ直ぐ進みます。すると、正面から茶色いコートと帽子を被った『いかにも紳士です』というような男の人が向こうから歩いてきていました。
prev next

AMaRo Project. 2014