ホーム

コンテンツ
あめいろぷろじぇくと!
Pクエスト(仮)
Twikker
わーどもんすたぁ
サモンズコール

小説(継続中)
神サマの忘れ物
12345
678910
1112131415
1617181920
212223

あの青空に祈りを捧げ
12345
678910
1112131415
1617181920
2122232425
2627282930
313233

即興小説トレーニング置き場
12

小説(完結)
突出幼心あくりょうちゃん
12345
678910
1112131415
1617181920
21

オレと兄貴と私がいるから
12345
678910

祭囃子〜記憶の隅に〜
1234

祭囃子〜聖なる夜に〜
12

ボクはネコ
1

フタツヤネノシタ
12345

魔女の契約
1234

暗黒の契約
12345

いのししレース ピキョ村のキピ
123

おにぎり落ちたそのまま食べた
12345

天使見習い頑張らない
1234

せくすちぇんじッ!
12345
678910
1112131415
1617

俺が我が家にやってきまして……。
12345
678910
1112131415
1617181920
2122232425
2627282930
31323334

小説(二次創作)
メルト
1

ある死神は
12345

突出幼心あくりょうちゃん 第6話


向こうから歩いてくる男の人と、向こうに歩いていく僕がすれ違った時でした。

「貴様、どうしてそんなものを連れている」

突然、その男の人がそう言うのです。僕は「えっ?」と男の人の方へ向きました。

「人間に憑く霊よ。この俺が滅してやる」

その男の人はあくりょうちゃんを指差しながらいいました。この人はあくりょうちゃんが見えるようです。滅するって……

そして、男の人がコートのポケットから何かを取り出しました。その瞬間、その人中心に何か広がっていきました。何だか、周りの色が赤と黒だけの気味悪い空間になってしまいました。僕はどうなるのでしょうか。

「この空間は俺が生み出した、別空間だ。時間が止まり、特別な力を持たないものはこの空間に存在する事ができない……なのに、お前は何故この空間にいる! 貴様は何者だ!」

その男の人はポケットから取り出した何かを僕に向けています。その何かとは……銃だ。何だこの人は。

「僕は普通の人間です。じゃあ、あなたは何者なんですか?」

僕の頬に嫌な汗が通過していきます。心臓はバクバクいって、すごく怖いです。でも、ここで逃げたらあくりょうちゃんは――

「俺は『藍 上尾(あい うえお)』。霊や悪魔を退治する仕事をしている。そして、この辺りに人間を鎌で斬る霊がいると聞いてここまでやってきた。お前に憑いている霊を退治する前に、一応お前が本当に人間かどうか確かめさせてもらおう」

言い終えた後、上尾と名乗る男の人は銃の引き金を引きました。そこから発射された弾丸は僕の左胸、ようするに心臓めがけて飛んできました。そして、そのまま貫通。死を直前にすると時間ってゆっくり流れるんだな。僕は変な男の人によって変な空間で殺される。なんという……あれ? でも、痛くもないし血も出ない。

僕は左胸を触って確認する。穴は開いていないし完全に無傷だった。けど、上尾の銃の口からは煙が出ている。何なんだ。何が起きたんだ。

「ほう、貴様は本当に人間のようだな。ならば、次はお前だ」

にやけながら、上尾は銃口をあくりょうちゃんの方へ向けました。

我に帰って僕は上尾のことを睨みました。僕はキレましたよ。怒りましたよ。

「おい、お前のその銃は何なんだ! それに、霊だからといって片っ端から滅すればいいっていうもんじゃない。僕とあくりょうちゃんは友達だ。お前に滅させはしない!」

絶対にあくりょうちゃんを守ってみせる。僕はそう決心するのでした。
prev next

AMaRo Project. 2014