ホーム

コンテンツ
あめいろぷろじぇくと!
Pクエスト(仮)
Twikker
わーどもんすたぁ
サモンズコール
どうぶつつなひき

小説(継続中)
神サマの忘れ物
12345
678910
1112131415
1617181920
212223

あの青空に祈りを捧げ
12345
678910
1112131415
1617181920
2122232425
2627282930
313233

即興小説トレーニング置き場
12

小説(完結)
突出幼心あくりょうちゃん
12345
678910
1112131415
1617181920
21

オレと兄貴と私がいるから
12345
678910

祭囃子〜記憶の隅に〜
1234

祭囃子〜聖なる夜に〜
12

ボクはネコ
1

フタツヤネノシタ
12345

魔女の契約
1234

暗黒の契約
12345

いのししレース ピキョ村のキピ
123

おにぎり落ちたそのまま食べた
12345

天使見習い頑張らない
1234

せくすちぇんじッ!
12345
678910
1112131415
1617

俺が我が家にやってきまして……。
12345
678910
1112131415
1617181920
2122232425
2627282930
31323334

小説(二次創作)
メルト
1

ある死神は
12345

突出幼心あくりょうちゃん 第8話


結局あくりょうちゃんが斬ったのは銃だけでした。落下中に斬られたので縦に真っ二つになって地面と衝突しました。

「何故、俺を斬らない」

上尾は唖然としています。

「これが、僕らの答えだ」

座り込み、帽子を少し下げる上尾の周りに、僕・春香・義樹・あくりょうちゃんと立ってます。

「完敗だ。今日はこれくらいで引き下がっておこう」

上尾は悔しそうながらもすこし嬉しそうでした。

「やはり友……か、なら友は大切にしろ」

彼はニヤっと笑みを浮かべた瞬間、周りの景色は正常に戻りました。しかし、上尾の姿はどこにもありませんでした……けど、また会えるような気がします。今度は――

「で、アイツはなんだったんだ?」

義樹は頭を掻きながら言います。

「さぁね」

春香が答えます。

「あくりょうちゃんを滅するみたいな事を言ってたけど、まぁいいか」

僕も続きます。

「ところで……」

三人同時に言いました。そしてみんな、あくりょうちゃんの事を見ました。あくりょうちゃんは口をへの字にして、目を潤ませています。きっと、怖かったのでしょう。

「あくりょうちゃん、来なよ」

僕は両手を広げました。すると、あくりょうちゃんは僕の胸に飛び込んできました。僕は優しく抱いてあげます。よく頑張った。そんな風に……

「ス……グ……ル……ダ・イ・ス・キ」

突然の言葉に一同ビックリ。3人揃って「えっ」と声をあげてしまいました。

「少しずつだけど、この子も成長しているのかもね」

春香は微笑みながら言いました。僕と義樹は「そうだね」と答えました。けど、春香の微笑みの裏には何か別の感情があるように見えました。


太陽が傾き、僕らを橙色に染める。僕らより多きな影が見守る。僕らより、幼い彼女がいる。

「ス・グ・ル……ハ・ル・カ……ヨ・シ・キ……」

あくりょうちゃんの呼びかけに「なぁに?」と答える僕らがここにいる。

――そんな僕らの日常はまだまだ終わらない事を信じよう。
prev next

AMaRo Project. 2014