ホーム

コンテンツ
あめいろぷろじぇくと!
Pクエスト(仮)
Twikker
わーどもんすたぁ
サモンズコール
どうぶつつなひき

小説(継続中)
神サマの忘れ物
12345
678910
1112131415
1617181920
212223

あの青空に祈りを捧げ
12345
678910
1112131415
1617181920
2122232425
2627282930
313233

即興小説トレーニング置き場
12

小説(完結)
突出幼心あくりょうちゃん
12345
678910
1112131415
1617181920
21

オレと兄貴と私がいるから
12345
678910

祭囃子〜記憶の隅に〜
1234

祭囃子〜聖なる夜に〜
12

ボクはネコ
1

フタツヤネノシタ
12345

魔女の契約
1234

暗黒の契約
12345

いのししレース ピキョ村のキピ
123

おにぎり落ちたそのまま食べた
12345

天使見習い頑張らない
1234

せくすちぇんじッ!
12345
678910
1112131415
1617

俺が我が家にやってきまして……。
12345
678910
1112131415
1617181920
2122232425
2627282930
31323334

小説(二次創作)
メルト
1

ある死神は
12345

祭囃子〜記憶の隅に〜 第4話

「あの時、助けてくれたのは君だったんだね……えっと……」

『まつりでいいよ。元々、名前なんかなかったし』

まつりの表情はわからないものの、口調は少し微笑んでいた。

「俺がこんな感じに、会話できるようになったのは、君が助けてくれてからだったんだ。それ以来、ここに来ないといけない気がしてたんだ。何故か、わかった気がする。だって、何時だってまつりが見ていてくれたんだ。あの時からずっと。俺が、ここに遊びに来たときも。悩んでここにきたときも。高校受験で願掛けに来たときも。報告に来たときも。ずっとずっと……」

何だか、よくわからない感情がわいてきて祐樹の目からは涙が溢れてきた。しかし、手は離せなかった。まつりも今にも泣きそうな声で……

『そうだよ。そして、これからも……』

「来ていい? いや、暇があったら来るから。これからも――」

その時、まつりの鼻先に白い氷状のものが降りてきた。

「雪だ。道理で寒くなってきた訳だ」

祐樹は白い息を吐いた。声は寒さで少し震えていた。

『祐樹が風邪引いちゃう。今日はもう帰ったほうがいいよ。今日じゃないと、いけないわけじゃないし。明日でも明後日でもいいから、待ってるから……』

「……」

祐樹はコートを脱いで、まつりの背中に乗せた。防寒着を脱いだため、祐樹はいっそう寒そうにする。

「まつりも寒いだろ? じゃあ、また明日来るから」

『うん。ありがとう……私、また人間になれるかな?』

祐樹はまつりのつぶやくような声を聴いた瞬間に走り出した。その言葉に複雑な気持ちになった。

「わからないけど、また、なれればいいな」

叫ぶかのように祐樹は言った。そして、神社から立ち去った。実る事のない恋。それが実るようにと、願った。今日の事はどんな事あっても忘れない。記憶の隅にでもどこでもいいから置いておくんだと。


次の日の事である。新聞に『神社の狛犬の一匹が行方不明になった』という記事が載ったのは……
prev

AMaRo Project. 2014