ホーム

コンテンツ
あめいろぷろじぇくと!
Pクエスト(仮)
Twikker
わーどもんすたぁ
サモンズコール

小説(継続中)
神サマの忘れ物
12345
678910
1112131415
1617181920
212223

あの青空に祈りを捧げ
12345
678910
1112131415
1617181920
2122232425
2627282930
313233

即興小説トレーニング置き場
12

小説(完結)
突出幼心あくりょうちゃん
12345
678910
1112131415
1617181920
21

オレと兄貴と私がいるから
12345
678910

祭囃子〜記憶の隅に〜
1234

祭囃子〜聖なる夜に〜
12

ボクはネコ
1

フタツヤネノシタ
12345

魔女の契約
1234

暗黒の契約
12345

いのししレース ピキョ村のキピ
123

おにぎり落ちたそのまま食べた
12345

天使見習い頑張らない
1234

せくすちぇんじッ!
12345
678910
1112131415
1617

俺が我が家にやってきまして……。
12345
678910
1112131415
1617181920
2122232425
2627282930
31323334

小説(二次創作)
メルト
1

ある死神は
12345

祭囃子〜聖なる夜に〜 第2話


そして、次に着いたのは大きな病院だった。

「今度は、俺が行ってくるよ」

「わかった」

祐樹は屋上から忍び込み、とある病室に入った。中には、ベットに横になる少女と横の丸椅子に座る少年がいた。部屋の明かりは消されていて、ケーキのろうそくの火がゆらゆらと輝いている。

「誰!?」

少女は祐樹に気がついて少し、身を引いていた。

「誰だ!?」

少年は祐樹に襲い掛かってきた。が、しかし途中で手を止めた。

「祐樹? 何で、お前がこんなとこにいるんだ? しかも、その格好はサンタか?」

「まぁ、訳ありでって、颯太のほうこそここで何を……」

「俺も、訳ありだ」

「そうか、邪魔したな。これ、置いてくから彼女とでも開けてくれ。メリークリスマス」

祐樹は箱を二つ置いて、さっさと立ち去っていった。

*a*

「誰? 颯太さんの友達?」

彼女は俺に聞いた。

「中学校のな……にしても、プレゼントを配ってるって」

俺は箱を取って、一つを彼女の渡した。そして、もう一つは俺が手にとって開けてみる。

――入っていたのは色違いのペアマグカップ。やってくれる。

「二人、同じのだね」

「そうだな……まるで――」

俺はろうそくの火をフッと消した。今の俺の顔を彼女に見られたくないからだ。

***

次は大き目の一軒家の一階にたどり着いた。袋のプレゼントの量を考えると多分最後だ。

「次は私ね」

「わかった」

まつりは家の敷地に入り、窓をノックした。

「どちら様?」

出てきたのは、まつりと同い年の少年だった。

「私、見ての通りのサンタクロースです」

「は、はあ……」

相変わらず、冷ややかな対応である。まつりは、部屋の中を一瞬覗いてみた。少年の他に普通の少女と猫耳の少女がいた。

「はいこれ、プレゼントね。メリークリスマス」

まつりは袋の中身を全部ひっくり返して、出てきた箱を全部渡した。といっても三つだけだが。

そして、まつりは立ち去った。

*k*

「で、今の誰だったの?」

澪が口に生クリームをつけながら聞いてきた。

「さ、さぁ? 自分でサンタクロースって言ってたけど……まぁ、これやるよ」

俺は澪に箱を渡した。中身は知らん。

「美鈴にも、はい」

「ありがとう」

もう一つを美鈴に渡した。

三人同時に箱が開かれた。中から出てきたのは、マフラーだった。

「……悪くないかもな」

まぁ、クリスマスパーティの続きが行われるわけだ。

***

祐樹とまつりの乗ったそりは祐樹の家の二階で止まった。

二人はベランダに飛び移って、部屋の中に入った。すると、白髭のおじいさんが赤い服を着て立っていた。

「ありがとう。助かったよ。お礼はここに置いておくから、後ででも開けて欲しい。今日は本当に助かったよ。じゃあ、また。」

おじいさんは眩い光を放った後、そりと共に消えた。二つの箱を残して。

祐樹もまつりもサンタ風の服から、昼着ていた元の服に戻っていた。

「……本当にサンタクロースだったんだ」

祐樹は唖然としていた。いつか信じなくなっていたサンタクロースが実在していたと。

「ねぇ、これ、開けてみようよ」

「そうだね」

*m*

何が入っていたか? それは秘密。二人だけの秘密さ。

最後に一つ――


メリークリスマス。
prev

AMaRo Project. 2014