ホーム

コンテンツ
あめいろぷろじぇくと!
Pクエスト(仮)
Twikker
わーどもんすたぁ
サモンズコール

小説(継続中)
神サマの忘れ物
12345
678910
1112131415
1617181920
212223

あの青空に祈りを捧げ
12345
678910
1112131415
1617181920
2122232425
2627282930
313233

即興小説トレーニング置き場
12

小説(完結)
突出幼心あくりょうちゃん
12345
678910
1112131415
1617181920
21

オレと兄貴と私がいるから
12345
678910

祭囃子〜記憶の隅に〜
1234

祭囃子〜聖なる夜に〜
12

ボクはネコ
1

フタツヤネノシタ
12345

魔女の契約
1234

暗黒の契約
12345

いのししレース ピキョ村のキピ
123

おにぎり落ちたそのまま食べた
12345

天使見習い頑張らない
1234

せくすちぇんじッ!
12345
678910
1112131415
1617

俺が我が家にやってきまして……。
12345
678910
1112131415
1617181920
2122232425
2627282930
31323334

小説(二次創作)
メルト
1

ある死神は
12345

フタツヤネノシタ 第5話


*自宅*

僕は早瀬さんを家に送った後、帰宅した。すぐに自分の部屋に入ってベットに伏せた。


――オレはどうすればいいんだよ。

僕だってわからない。

――亜衣を見捨てろって言うのか?

見捨てる訳じゃない。

――何か答えろよ。

ごめん。


早瀬さんの家に向かっているときに、会話した内容が頭を廻った。あの時は何も答えられなかった。

明日も橘病院に行く事を決めている。早瀬さんは最後に『オレ、明日バイトあっから15時くらいでいいな!』と言って家に入っていったからだ。

――ねぇ、僕はどうすればいいの?


*312号室*

次の日の14時30分。僕は早瀬さんとの約束の時間より早く来ていた。僕は亜衣さんの横に座っている。

「あのさ……」

亜衣さんは何か言いたげに話しかけてきた。

「何?」

「あのさ、永治君は『マネキン』と『フィギュア』のどっちが好き?」

「え?」

一瞬、何を言っているのかがわからなくて、思考がストップした。でも、すぐに思考回路が復活した。もしかして、亜衣さんは『死期』を悟っているんじゃないかと。

「それって……」

「どっちか答えて!」

亜衣さんの視線と声がが僕の胸に突き刺さった。

「僕は……『フィギュア』の方がいいかな? そんな趣味は持ってないけど『マネキン』より、生きてる感じがするかなってね」

「……じゃあ、あたしが人として死んだら、あたしは『永治君のフィギュア』にして欲しいな」

それって、一種のプロポーズ? いやいや、それは無い。

「……わかった。約束するよ。君がどこにいても毎日会いに行く。誰かが反対しても、君を奪うつもりで反発する。だから――」

なに僕まで、亜衣さんがもう駄目だということを悟るような事を言ってんだ。なんで……

「ありがとう。じゃあ、もう一つ約束を作っていい?」

「……うん」

顔が熱い。熱があるみたいだ。もう、風邪は治ったのに。

「もしあたしが死んだら、その時は……」

言いかけていると、『あの変化』が起こった。しかも、今まで異常に水蒸気のようなものが噴き出していた。多分、これが最後の変化だ。

「永治……君」

苦しそうな顔をしている中、亜衣さんは僕の名前を呼んだ。

「な、何!?」

僕は立ち上がって、亜衣さんが僕を見ることができるくらいのところまで移動した。

「初めて会ったときから、好きだったみたい。これって、一目ぼれって言うんだよね?」

「僕も、そうだったよ。何だ、お互いに一目ぼれをしてたんだ」

「そうだったんだ。よかった……後、海晴ちゃんによろしく言っておいて欲しいな」

「わかった」

駄目だ。僕には何も出来ない。亜衣さんの変化は、頬・髪と来て、更に目まで侵食していた。時間が無い。

「……あたし、永治君のことが好き。だから、ファーストキスは永治君とがいいな」

亜衣さんが微笑みを浮かべたところで完全に変化が止まった。『人間として死んでしまった』

僕の目からは涙が出てくる。別に完全に死んでしまった訳ではないのに。でも、約束は果さなければいけない。

僕は顔を亜衣さんの近くまで寄せた。

「ごめんね。最初の人間が僕なんかで……けど、約束だもんね……でも、僕なんかで本当にいいのかな?」

僕は1人で赤面して、馬鹿みたいだ。僕は目を閉じて顔をさらに近づけ。優しく口付けをする。

『少女……のような等身大フィギュアに』


その瞬間。ドアが開かれた。

「お、おい……」

その後、寝に涙を浮かべる早瀬さんに蹴飛ばされたのは内緒だ。


――病院と家。二つ屋根の下の物語。
prev

AMaRo Project. 2014