【サモンズコール】カード紹介 第六回

AMaRo Project.の瀬田まみむめもです。

大変待たせしました!
カードリストは全種類のカードを公開して、カード紹介の記事を投稿するまでに時間が開いてしまいました。

今回は最初にカード紹介でノーマルカード3種類を紹介します。
その後、今回は「サモンズコールの世界観」と「サモンズコールのイラスト」についての紹介をします。

ます、ノーマルカード3種類を紹介します。

「死神の少女 リコリス・キッス」


コスト5
ATK:2
HP:4
攻撃方向:↑
デッキタイプ:A
イラスト:山咲 海 さん

このカードが相手のマスターを攻撃するなら、1ダメージではなくこのカードのATKと同じダメージを与える。

ゲーム後半から活躍するデッキタイプAのユニットカードです。
いわゆる「対マスター特攻」を持っているユニットで、相手のマスターまで攻撃が届けば大きくダメージを与えることができます。
攻撃力は控えめですが、HPが4なので簡単に突破されることも少ないです。
「ルナティックハウル」と組み合わせることで、能力以上の働きができるカードです。

強力なカードではありますが、攻撃方向が正面のみであること、6コストのカードがどれも更に強力であることがあります。
出す場所、出すタイミングを見極めて、リコリスの強力な攻撃を相手のマスターにお見舞いしましょう。

 

「魔界を統べる女王 リベザル」


コスト6
ATK:5
HP:5
攻撃方向:←↑→
デッキタイプ:A
イラスト:ひなた悠 さん

【登場時】[マナ開放] :相手の場のユニットを合計コストが6以下となるように好きな枚数選んで退場させる。

【メインフェイズ中】[マナ開放] :この効果は1ターンに1度まで使用できる。このカードがレスト状態なら、このカードをスタンド状態にする。

デッキタイプAの切り札級のカードです。
能力も2つ持っている効果どちらも盤面を大きく動かします。

【登場時】にマナ開放をすることで、相手の場にあるユニットカードを複数退場させることができます。
合計6コストまでなので、6コストのユニットの返しに使用するのはもちろん、低コストのユニットが並んでいる盤面で一掃するということも可能です。

さらに、攻撃を行った後、マナ開放を行い再び攻撃を行える状態にします。
【登場時】効果と組み合わせて盤面の制圧をしてもよし、マスターに2回攻撃を叩き込んでもよし、攻めるデッキタイプAの象徴となっているカードです。

 

「天界を治める姫君 メルキセデク」


コスト6
ATK:5
HP:5
攻撃方向:←↑→
デッキタイプ:B
イラスト:ひなた悠 さん

【登場時】[マナ開放] :相手の場のユニットすべてをターン終了まで「-1/-1」する。

【登場時】自分の手札を好きな枚数場外に置く。場外に置いた手札1枚につき、自分のマスターの体力を1回復する。

【メインフェイズ中】[マナ開放] :自分のマスターの体力を1回復する。

デッキタイプBの切り札級のカードです。
「リベザル」とは真逆で、守りに特化したカードです。が、負けそうな局面を一気に安全圏まで持っていくことが可能です。

まず、【登場時】効果の1つ、マナ開放を行い相手の場のユニットの能力を下げます。
この効果を使うことで、体力1のユニットを無条件で退場させるほか、同じ攻撃力/体力を持つリベザルを一方的に退場させることができます。

もう一つの【登場時】効果は手札を好きな枚数場外に置いて、その数だけ自分のマスターを回復します。
手札を失うことで、今後のターンが苦しくなる可能性はありますが【メインフェイズ中】の効果と組み合わせて、自分のマスターの体力を大きく回復することができます。

守りに特化したデッキタイプBを表したようなカードになっています。

以上、全22種類のカードの紹介をしました!
次は「世界観」についてと「イラスト」についてです。

 

■世界観

気にしている人がどれだけいるのか予想はつかないですが、世界観について簡単触れます。

サイトに「世界観/ストーリー」を用意していないということで、なんとなーく想像している人もいるとは思いますが、大きく決まっている世界観はありません。

「天使と悪魔がいて、マスターが彼らを率いている。後はフレーバー」

ということは読み取れるんじゃないかなとは思いますが。

それだけではそっけないので、もうちょっと決まっている世界観の紹介をします。

まず、マスターである「大和」「茜里」が住んでいる世界と、他のキャラクターたちが住んでいる世界は異なります。
マスターの二人が住んでいる世界は現実の世界とほぼ同じです。
ですが、異世界の住人を呼び出す力を持った者たちがいて、その者たちが「マスター」と呼ばれています。

「マスター」としてまだまだ未熟な「大和」と「茜里」は師匠の指導の元、一人前になるために修行をしています。
そして、二人はどちらが「マスター」としての腕が上なのかを競い合い、今日も異世界の住人たちと共に戦うのです。

そこでの異世界が「天界」と「魔界」の二つで、「大和」は「魔界」の住人の、「茜里」は「天界」の住人の力を借りています。

ここまで読んでいただければ分かる通り、仲が悪いなんてことはなく、きっとマスターのそれぞれが別の異世界の住人の力を借りたかったら、異世界の彼らは快く借してくれることでしょう。

 

■イラスト

そんな世界観を彩ってくれるのが、総勢12名のイラストレータに描いていただいた22種類のイラストたちです。

今回、ゲーム作成が初めてということもあり、だいたい知り合いのイラストレータにお声掛けをしました。
「それぞれの世界にたくさんの住人がいる」という設定であるため、似たような絵柄に偏らないように、異なった作風の方にイラストをお願いしています。

また、それぞれイラストレータの方にとってやりやすかったかやりにくかったかはわからないのですが、こちらからのしては、「カード情報」(「肩書(カード名上段)」「カード効果」「フレーバー」)と「簡単な外見の要望」だけでお願いして、ガッチリとした指定は行いませんでした。
ちなみに、キャラクター名(カード名下段)については、各イラストレータの方に命名をお願い指定します。

ガッチリと指定をしなかったのは、きっちりと決まっていない世界観の中で、それぞれのイラストレータの方々のイメージによって出来た世界を作りたかったからです。
中には自分の中のイメージが全然決まってないところでお願いした方もいます。

(第二段以降を発表するかは未定ですが)「サモンズコール」第一弾ということで、土台となりつつイラストが組み合わさることで出来上がる世界観というものを期待しました。
正直に言えば、どんなイラストで上がってくるかもわからないので、内心とても不安でしたが、最終的には自分の中のイメージを越えていくようなイラストしかなく、仕上げてくださったイラストレータの方々にはもう頭が上がりません。

この記事を読んで、カードのイラストも一通り見たという方は、気に入ったイラストレータさんのファンになって、応援していただければ幸いです。

イラストについて、もう少し記事を書くつもりでしたが、思ったより長くなりそうなので分割します!
次回は、この続きについて紹介します!

カテゴリー: ゲームマーケット, サモンズコール パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。