ホーム

コンテンツ
あめいろぷろじぇくと!
サモンズコール
どうぶつつなひき
罪ナキ少女 進ムハ断頭台

星空を望む少女達の夜明け
トップ
ストーリー
キャラクター
ゲームガイド
FAQ

キャラクター

魔法使い達(ウィッチカード)
住人達(ノーマルカード)

魔法使い達

希望の魔法使い エリー・ベネット
イラストレーター
Levka
幼い頃から一人で今住む街に暮らしている少女。
才能があり、知らぬ間に魔法が扱う能力に目覚めていた。
独学で魔法の使い方を学び、魔法使いと認められるまでになっていた。
自分のために魔法を使うことはなく、他者のために魔法を操る。
たとえどんな事があっても、笑顔は忘れない。
魔法の衰退を止めるべく真っ先に立ち上がり、小さい頃から交友があり仲の良いクロエに相談を持ちかける。
トップに戻る

機工の魔法使い キアラ・スミス
イラストレーター
RB2
蒸気機械の技術を扱い、それなりの人数の技師を抱える工房を持つ少女。
父は魔法使いなら誰もが知っているほどの、偉大な魔法使いである。
その才能は彼女に引き継がれていることはなく、魔法使いとしては平凡な力であった。
しかし、彼女は蒸気機械と魔法を組み合わせることに成功し、唯一無二の技術を扱う魔法使いとして認めさせることができた。
性格は明るく、誰とでも分け隔てなく接することができる。魔法のこととなると、手段を選ばず容赦なく、強引になるところがある。
部品を届けに来たイレーナから魔法の発展を目指す話を聞き、何気ないふりをしながら、ひっそりと行動を開始した。
トップに戻る

知略の魔法使い ソフィア・メフシィ
イラストレーター
ヤクモレオ
魔法の才能、環境に恵まれ、魔法使いとして精進して今に至る。
魔法の力を商売につなげることを日々思考している。
住んでいる大きな屋敷は、その利益から父から買い上げたものだ。
商人としては一人前であるが、常に冷静であるがゆえ冷たい印象を与えがちで、同年代の友人は多くない。
蒸気機械と魔法の技術を評価しているキアラとは取引する間柄で、顔を合わせることが多い。
キアラから魔法についてのこれからの流れを知り、計画を練り始める。
トップに戻る

時間の魔法使い クロエ・リベラ
イラストレーター
にもし
時を操る魔法使い。
時間の流れを操り続け、今の姿を長年保っている。実際の年齢は自分でも覚えておらず、聞かれたらごまかしている。
上手くごまかせていると思っているのは本人だけのようだが。
おっとりとした性格でありながら、面倒見がよく、様々な魔法使い達の元に顔を出す。
魔法使いの人数の減少を気にしていたが、エリーから話を聞いて楽しそうだと賛同した。
つい最近、魔法の力に目覚めたエマへ会いに行き、ある魔法使いに会うようにと一通の手紙を手渡した。
トップに戻る

静寂の魔法使い エマ・モリス
イラストレーター
白蝋
中心の街から少し離れた人口の少ない町に住む、物静かな少女。
両親ともに魔法を一切扱えないが、祖父が魔法使いであったためか、ある日魔法使いとしての能力に目覚める。
しかし、彼女の住む町では魔法を使えるものが誰もおらず、異端の目で見られることを恐れて、魔法の力を隠してひっそりと暮らしていた。
ある魔法使いから一通の手紙を受け取り、エリーへ会うために中心の街へと向かうことになる。
そこで、魔法使い達が立ち上がろうとしていること、彼女の魔法が活躍することになるとはまだこの時は知らないのだった。
トップに戻る

先導の魔法使い イレーナ・ポーター
イラストレーター
Ryui
街から街に手紙や荷物を配達する、運び屋の少女。
小柄ながらも、物を移動させる魔法を操り、運び屋仲間からは重宝されている。
仕事柄、親元からは離れ、一つの場所には定住せず、点々と移動しながら暮らしている。
様々な街に立ち寄るため、いろいろな情報に詳しく、ソフィアから名指しで荷物の配達を依頼されることが多い。
魔法使いの少女達に、魔法の発展のために立ち上がることを広めることに影ながらも大きく貢献している。
トップに戻る

東洋の魔法使い アヤネ・キサラギ
イラストレーター
山咲 海
東の国の表記だと如月 綾音。
海を東に渡った先にある国に住んでいる少女。
その国では、魔法は忍術という概念で伝わっており、この国とは異なった使い方や文化として広がっていた。
アヤネは優れた魔力を有しており、東の国に訪れていたとある人物に誘われ、魔法を学ぶためにこの国に訪れる事となる。
そして、魔法を発展させるために立ち上がった少女達と出会い、魔法の力が衰退していることを知り、自分にも何かできないかと協力することにした。
ドジっ娘体質で、思わぬところで魔力が暴発してしまうことも多々。
トップに戻る

正義の魔法使い サラ・ハワード
イラストレーター
morimiya
代々魔法の力を引き継いでいる名家の少女。
真っ直ぐで真面目な性格で、悪いことや曲がったことは許せない。
そんな人柄が買われ、外の国からやって来るアヤネの案内やサポートをする役として抜擢された。
おっちょこちょいなアヤネに手を焼きながらも、妹が増えたみたいで満更でもない様子だった。
エリー達の活動は話に聞きながら、興味はほとんどなかったが、協力に決意を固めたアヤネを一人で参加させるわけにもいかず、半ば巻き込まれる形で、彼女たちの活動に参加することとなった。
キアラの工房で働き、蒸気の力を学んでいる変わり者の妹がいる。
トップに戻る

住人達

お屋敷に住むお嬢様
イラストレーター
さらそば
大きなお屋敷に住む女の子。
両親は遠くにいるため、初老の執事やたくさんのメイドにお世話をされながら一人で暮らしている。
父親の書斎に忍び込んだ時に、魔法使いについての本を見つけた。
その本に書かれていた魔法石の作り方を見様見真似で試してみたところ、いずれ質の良い魔法石を作れるようになっていた。
今では、魔法使い達に重宝される存在となり、以前ほど寂しい思いをしていないようだ。
トップに戻る

機工士の女の子
イラストレーター
morimiya
キアラの工房で蒸気機械の技術を振るう元気な少女。
技師として、機械を整備する技術は確かで工房内で一目置かれている。
最近の悩みは、整備した機械が意図しない動きをしてしまい、不思議の思っていること。
キアラとは他の魔法使いと出会い、その正体が魔法であることを知る。
突然目覚めてしまった魔法の力に困惑しながらも、魔法使いたちに協力することを決めた。
トップに戻る

目覚し竜少女
イラストレーター
いっさ
魔法使いがたくさんいた時代に眠りにつき、最近になり目覚めた竜族の少女。
目覚めてみると、魔法使いの数が少なくなっていたため驚きが隠せなかった。
その中で、魔法の復活を目指す少女たちと出会い、彼女たちに力を貸すことを約束する。
魔法使いたちには親しげに話し、敵対する者には厳しく接する。
トップに戻る

影に潜む忍者の青年
イラストレーター
花谷鳥
東の国に伝わる潜入や暗殺を行う忍者の末裔。
人をあやめる活動をしていたのは先々代の話で、今では密かに請け負った諜報活動や妨害活動を密かに行うにとどまっている。
彼に伝えられた隠密術は魔法の力を借りるもので、魔法使い達から任務を依頼されるもしばしばある。
立ち上がった魔法使いの少女達も、彼とは顔見知りであり、密かに声をかけられているかどうとか。
本気を出せば魔法使い達と対等に渡り合えるとはいえ、一筋縄ではいかないようだが。
トップに戻る

お針子ねずみのお姉さん
イラストレーター
ひがの
魔力に当てられ人の姿へと変化したネズミのお姉さん。
いつもは少しの魔力で耳を隠して、お針子として人の世界に紛れ込んでいる。
魔法使い達の前では耳を隠すことはせずに、正体を明かして接している。
見た目以上に長い年月を生きているようで、様々な場所に顔が利く。
その顔の広さと世話焼きが相まって、魔法使い達の手助けをしてくれる。
トップに戻る

魔法を司る天使の少女
イラストレーター
morimiya
この世界の魔力すべてを司る天使の姿をした少女。
滅多に姿を表すことはなく、魔法使い達を静かに見守る存在と言われている。
力が必要とした魔法使いが自身の魔力を捧げた時、その魔法の一部を貸し与える。
その魔法は強力であり、まさに究極の魔法であると言えるだろう。
トップに戻る

AMaRo Project. 2014