ホーム

コンテンツ
あめいろぷろじぇくと!
サモンズコール
どうぶつつなひき
罪ナキ少女 進ムハ断頭台

星空を望む少女達の夜明け
トップ
ストーリー
キャラクター
ゲームガイド
FAQ

ゲームガイド

最終更新2019/11/09

目次

00.ダウンロード

01.概要

02.カードの種類

03.カードのマーク

04.カードの配置

05.ゲームの流れ

06.ゲームの終了

07.ゲームに慣れたら


00.ダウンロード

クイックゲームガイド Ver.1.0 (最終更新:2019/09/28)
キャストゾーンシート (最終更新:2019/11/09)
 付属のシートを紛失や破損した場合、印刷してお使いください。

01.概要

・ゲームについて
このゲームは、デッキ構築型ボードゲームです。
プレイヤー全員が3枚の手札からゲームを開始して、あなたのデッキの代わりとなるキャストゾーンを強化していきます。
最終的に、ゲーム終了時に持っている魔法石の数がもっとも多いプレイヤーの勝利となります。

02.カードの種類

・ウィッチカード(6枚)
裏面が虹色の魔法使いカードです。
ゲーム開始前に各プレイヤーに1枚ずつ配ります
ウィッチカードはそれぞれ固有の能力を持っています。
@名前
A効果テキスト

・ノーマルカード(50枚)
裏面が黒色の魔法使い達を支える住人達のカードです。
カード枠の色は、白枠・銅枠・銀枠・金枠・虹枠があります。
カードのカテゴリーには、ストーン・タイム・ブロック・アタック・サポート・究極魔法があります。
@カテゴリー・名前
A攻撃マーク
B設置マーク
C使用コスト(SP)
D使用キャストタイム
E獲得コスト
F獲得キャストタイム
G効果テキスト

03.カードのマーク

・攻撃マーク
攻撃マークを持つカードは、他のプレイヤーに影響を与える効果を持ちます。
・設置マーク
設置マークを持つカードは、使用してキャストゾーンに置かれている間、発揮し続ける効果を持ちます。

04.カードの配置



@山札
共有の非公開領域です。
山札はノーマルカードをひとまとめにして、裏向きですべてのプレイヤーの中央に置きます。
山札はカードゾーンに含まない領域です。

Aカードゾーン
共有の公開領域です。
ノーマルカードを表向きで8枚まで置きます。
あなたがカードを獲得する時は、カードゾーンからカードを取ります。

B魔法石ゾーン
共有の公開領域です。
使用されていない魔法石を置く場所です。
個人の領域にある魔法石を使用した時、除外された時は、魔法石ゾーンに戻します。
魔法石は星型のおはじきです。

C除外ゾーン
共有の公開領域です。
ゲーム中、除外されたカードを置く場所です。
除外ゾーンに置かれるカードは表向きで置き、すべてのプレイヤーが確認できます。
除外されたカードは、そのゲーム中、使用できるようにする手段はありません。

Dキャストゾーン
個人の公開領域です。
1人1つずつキャストゾーンを持ちます。
キャストタイムT〜Wを持ち、獲得したカードや使用したカード、魔法石を置きます。
獲得したカード、使用した設置マークを持たないカードをキャストゾーンに置く時は、表向きで待機中のカードとして、横向きで置きます。
使用した設置マークを持つカードをキャストゾーンに置く時は、表向きで設置中のカードとして、縦向きで置きます。
キャストタイムがTより小さい位置に置かれたカードはそのプレイヤーの手札に加え、魔法石はそのプレイヤーのウィッチカードの上に置きます。
キャストタイムがWを超える位置に置かれたカードや魔法石は除外します。

Eウィッチカード
個人の公開領域です。
1人1枚ずつ持ちます。
ウィッチカードはキャストゾーンの右側に表向きで置きます。
獲得した魔法石はウィッチカードの上に置きます。
ウィッチカードの上にある魔法石の数が、あなたの持つ魔法石の数になります。

F手札
個人の非公開領域です。
あなたの手札は他のプレイヤーに見えないように持ちます。


05.ゲームの流れ

・T.ゲームの準備
@プレイヤー全員が着席する
 ゲームの進行は時計回りで行います
Aゲームで使用する魔法石とカードを用意する
※ゲームで使用する魔法石の数とノーマルカードの種類は以下の組み合わせを推奨します
人数
魔法石の数
ノーマルカードの種類
2人
30個
白枠+銅枠+虹枠
3人
40個
上記+銀枠
4人
50個
上記+金枠

Bキャストゾーンシートを各プレイヤーの前に1枚ずつ置く
C魔法石を魔法石ゾーンに置く
Dウィッチカードを裏向きにシャッフルして各プレイヤーに1枚ずつ配る
 配り終えたら、全員のウィッチカードを表向きにして公開します
E白枠カード以外のノーマルカードをシャッフルし、山札として、プレイヤー全員の中央に置く
F白枠のノーマルカードを裏向きでシャッフルして各プレイヤーに3枚ずつ配り、手札にする
G残った白枠カードは裏向きのまま山札の上に乗せる
H山札を上から8枚公開してカードゾーンに置く
I最初の手番を行うプレイヤーをランダムに決める
J最初の手番のプレイヤーから「手番の流れ」にしたがって、ゲーム終了まで手番を繰り返す
※各プレイヤーは自身の最初の手番開始時に魔法石ゾーンから魔法石を3つ獲得します。
 さらに、そのプレイヤーが二番手以降なら、追加で魔法石を1つ獲得します。
 追加で獲得した魔法石は、二番手ならキャストゾーンのV、三番手ならU、四番手ならTに置きます。

・U.手番の流れ

@.スタートフェイズ
以下の2つの行動から1つを選んで行います。
 ◆魔法石ゾーンから魔法石を2つ獲得する
 ◆カードゾーンからカードを1枚選んで獲得する
 カードの獲得の手順は以下の順序で行います。

@カードゾーンにある獲得したいカードを1枚選ぶ
A選んだカードに記載されている獲得コストを支払う

獲得コストの支払いは、あなたの持つ魔法石を、選んだカードに記載されている獲得コストの数だけ、カードゾーンにある獲得しないカードの上に乗せます。
※2つ以上の魔法石を支払う場合、同じカードに乗せても、異なるカードに乗せても構いません。
あなたの持つ魔法石の数が、獲得コストより少なく支払えない場合、選んだカードは獲得できません。

B選んだカードを獲得する

獲得したカードは、あなたのキャストゾーンに待機中状態で表向きに置きます。
キャストゾーンに置く時は獲得したカードに記載されている獲得キャストタイムの位置に置きます。
待機中のカードとして置く時は、カードを横向きにして置きます。
獲得したカードに魔法石が乗っている場合は、その魔法石も獲得します。


A.メインフェイズ
以下の行動を任意の回数行います。
 ◆手札のカードを使用する
 カードの使用の手順は以下の順序で行います。

@手札にある使用するカードを1枚選んで公開する
A選んだカードに記載されている使用コストを支払う

使用コストの支払いは、あなたの持つ魔法石を、使用するカードに記載されている使用コストの数だけ、魔法石ゾーンに戻します。
あなたの持つ魔法石の数が、使用コストより少なく支払えない場合、選んだカードは使用できません。

B公開したカードの効果を解決する

使用するカードに記載されている効果を実行します。
魔法石やカードの枚数を参照する場合、コスト支払い後、効果解決開始前の数を参照します。

C使用したカードをあなたのキャストゾーンに置く

使用したカードは、あなたのキャストゾーンに表向きで置きます。
キャストゾーンに置く時は使用したカードに記載されている使用キャストタイムの位置に置きます。
設置マークを持つカードは設置中状態として縦向きで置き、キャストゾーンから離れるまで効果を発揮し続けます。
設置マークを持たないカードは待機中状態として横向きで置きます。


B.エンドフェイズ
以下の行動を順番に行います。
@あなたのキャストゾーンにあるすべてのカードと魔法石のキャストタイムを-1する
Aあなたの手札が4枚以上なら、3枚になるように選んで除外する
 ※このタイミングを除いて手札の上限枚数はありません
Bカードゾーンにあるカードが7枚以下なら、8枚になるまで山札を公開してカードゾーンに置く
C次のプレイヤーの手番に移る


・V.カードの効果

◆ウィッチカード
ウィッチカードは「ゲーム中1回まで使用できる効果」と「手番ごとに1回まで使用できる効果」を持っています。
ウィッチカードの効果は、あなたの手番中なら任意のタイミングで宣言して、効果を使用することができます。
具体的には、スタートフェイズ開始前からエンドフェイズ終了後、他のプレイヤーの手番に移る直前までなら使用できます。
ただし、カードやルールによる効果の解決中に宣言はできません。
例えば、「カード使用時にコストを支払った後、ウィッチカードの効果使用を宣言、その後カード効果使用」といった使用はできません。
「ゲーム中1回まで使用できる効果」を使用した場合、ウィッチカードを横向きにします。
「手番ごとに1回まで使用できる効果」を使用する場合、記載されている使用コストを支払う必要があります。
ウィッチカードの効果の使用コストはSPと表記されています。
「ゲーム中1回まで使用できる効果」と「手番ごとに1回まで使用できる効果」は同一手番中に両方使用することができます

◆ブロックカード
あなたが他のプレイヤーから攻撃マークを持つカードによる効果を受ける時、あなたのキャストゾーンに設置中のブロックカードがあるなら、効果が働きます。
あなたのキャストゾーンに複数のブロックカードがある場合、あなたはそれらから効果を使用する1枚を選択して効果を解決します。
あなたのキャストゾーンにブロックカードがあり、効果が働く条件を満たしたなら、必ず使用しなければいけません。

◆サポートカード
あなたのキャストゾーンに設置中のサポートカードがあり、そのカードに記載されている条件を満たした時、瞬時に効果が働きます。
効果が働く時は、解決中のカードやルールの効果に割り込んで解決します。
複数のプレイヤーのサポートカードの効果が同時に働く場合は、手番中のプレイヤーから時計回りに解決します。
複数のサポートカードの効果の解決がループしてしまう場合は、最初の1回のみ使用します。
あなたのキャストゾーンにサポートカードあり、効果が働く条件を満たしたなら、必ず使用しなければいけません。

※効果が実行できない場合
魔法石やカードなどを指定された領域から獲得などする時、その領域にある魔法石やカードなどの数が足りない場合、実行可能な最大の行動を行います。
例えば「あなたは魔法石ゾーンから魔法石を3つ獲得する」と記載された効果を解決する時、魔法石ゾーンに魔法石が2つしかない場合、魔法石を2つ獲得して効果を終了します。


06.ゲームの終了

以下の2つの条件のどちらかを満たした時、現在手番中プレイヤーの次の手番のプレイヤーから最終手番を行い、ゲームを終了します。

◆魔法石ゾーンにある魔法石の数が0になった
◆山札の枚数が0になった
※ゲームの終了条件を満たした後に、魔法石や山札の数が0でなくなった場合も、ゲームを終了します。

プレイヤー全員が最終手番を行った後、それぞれのプレイヤーが持つ魔法石の数を数えます。
もっとも多くの魔法石を持つプレイヤーがこのゲームに勝利します。
複数人該当する場合、もっとも多く持つプレイヤー全員が勝利となります。
※魔法石の数を数える時は、キャストゾーンにある魔法石の数はカウントせず、ウィッチカードの上にある魔法石の数のみ数えます。

07.ゲームに慣れたら

このゲームガイドは、公式としてのルールです。
ゲーム慣れたら、ルールをアレンジして遊んで頂いて構いません。

トップに戻る

AMaRo Project. 2014