ホーム

コンテンツ
あめいろぷろじぇくと!
Pクエスト(仮)
Twikker
わーどもんすたぁ
サモンズコール

小説(継続中)
神サマの忘れ物
12345
678910
1112131415
1617181920
212223

あの青空に祈りを捧げ
12345
678910
1112131415
1617181920
2122232425
2627282930
313233

即興小説トレーニング置き場
12

小説(完結)
突出幼心あくりょうちゃん
12345
678910
1112131415
1617181920
21

オレと兄貴と私がいるから
12345
678910

祭囃子〜記憶の隅に〜
1234

祭囃子〜聖なる夜に〜
12

ボクはネコ
1

フタツヤネノシタ
12345

魔女の契約
1234

暗黒の契約
12345

いのししレース ピキョ村のキピ
123

おにぎり落ちたそのまま食べた
12345

天使見習い頑張らない
1234

せくすちぇんじッ!
12345
678910
1112131415
1617

俺が我が家にやってきまして……。
12345
678910
1112131415
1617181920
2122232425
2627282930
31323334

小説(二次創作)
メルト
1

ある死神は
12345

おにぎり落ちたそのまま食べた 第1話


2008年元旦。年を越し、めでたい日に少年と少女が低めの山のてっぺんでレジャーシートを広げて弁当を食べていた。

「このたまごやき美味っ!」

少年は口をもごもご動かしながら言った。少女はとても嬉しそうに。

「そう? よかった。もし、不味いって言われたらどうしようかと思っちゃったよ」

と、答えた。少年の名前は『ユタカ』といい。高校2年生である。少女の名前は『ノゾミ』といい。同じく高校2年生だ。

「にしても、弁当の量がすごいんだけど……僕とノゾミとじゃとてもじゃないけど食べられないよ」

「そうだよね……だって、みんな来ると思ったからたくさん作ったんだけど、結局来なかったね」

2人は写真部でこの山に写真を撮りに来ていた。今日は元旦という事もあり自由参加で、2人しか
集まらなかったという訳だ。

「……まぁ、出来るだけ食べるよ。余ったら勿体無いからね」

そういってユタカはおにぎりを手に取った」

が、しかし。

「あっ!」

手を滑らせておにぎりを落としてしまった。それだけでなく、微妙な傾斜により丸いおにぎりが転がりだしてしまったのである。

「ま、待って! ……て言っても待ってはくれないけど」

ユタカは立ち上がって靴も履かずに追いかけた。

「ちょっと! ユタカ?」

ノゾミもユタカを追いかけるために靴を履かずに追いかけた。

追いかけるユタカから逃げるかのように転がるおにぎり。ユタカは疲れてきてハァハァと白い息を出していた。

そして、突如おにぎりが消えた。

「えっ? 消えた?」

ユタカはおにぎりの消えた地点を調べてみた。そこには小さな穴があった。そうすると、その穴から眩い光が飛び出してきた。

「まぶしっ……」

ユタカはあまりにも眩しく目を閉じた。その瞬間。体が浮いた感じがした。

光が収まりユタカはゆっくり目を開けて辺りを確認してみた。すると穴が少しずつ大きくなっていてユタカは落下していた。

「うわぁぁぁぁぁ!」

気が付けば、ユタカは気を失っていた。
next

AMaRo Project. 2014