ホーム

コンテンツ
あめいろぷろじぇくと!
Pクエスト(仮)
Twikker
わーどもんすたぁ
サモンズコール
どうぶつつなひき

小説(継続中)
神サマの忘れ物
12345
678910
1112131415
1617181920
212223

あの青空に祈りを捧げ
12345
678910
1112131415
1617181920
2122232425
2627282930
313233

即興小説トレーニング置き場
12

小説(完結)
突出幼心あくりょうちゃん
12345
678910
1112131415
1617181920
21

オレと兄貴と私がいるから
12345
678910

祭囃子〜記憶の隅に〜
1234

祭囃子〜聖なる夜に〜
12

ボクはネコ
1

フタツヤネノシタ
12345

魔女の契約
1234

暗黒の契約
12345

いのししレース ピキョ村のキピ
123

おにぎり落ちたそのまま食べた
12345

天使見習い頑張らない
1234

せくすちぇんじッ!
12345
678910
1112131415
1617

俺が我が家にやってきまして……。
12345
678910
1112131415
1617181920
2122232425
2627282930
31323334

小説(二次創作)
メルト
1

ある死神は
12345

あの青空に祈りを捧げ 第31話


という訳で、俺は新井さんの車に乗せてもらっている。車の知識は無いに等しいが、ボディーは白で小さめの一般的なものだ。運転は丁寧で法定速度はきちんと守られている。

「そういえばさぁ、知博ってちょっと変わってるよね」

運転席から後部座席に座っている俺に話しかける。

「そうですよね。本人がいる前では決して言えないのですがね」

呆れたような笑いを浮かべながら俺は答えた。

「いい例としては、優衣ちゃんの無断外出。大きな賭けだよね。『こうなったのには自分に責任がある。だから――』ってね。けどさ、ばれたらまずクビでしょ? 私だったら、無理だな……あ、ここ右だっけ?」

「は、はい右です……そうですよね。俺もその立場だったら無理ですね」

車は右に曲がった。遠心力を感じながら俺はつくづく思った。

『知兄貴にとって優衣は大切な人』

だということ。無論、恋愛的な意味ではなく、なんと言うか先生と生徒や兄と妹みたいな関係の意味だ。

「だから、知博には魅力があるんだよね」

新井さんは少し微笑んで少し顔を赤らめていた。なるほどね。

「新井さんって、知兄貴の事が――」

突然俺は前にすっ飛び助手席に頭をぶつけた。急ブレーキを掛けたようだ。

「ちょっと、冗談よしてよ。誰があんな奴……」

とかいいつつ、新井さんの顔は真っ赤になっていた。なりほどね。だから、知兄貴の協力をね。

その時、車が止まる感じがした。外を見ると、俺の家の前だった。

「ここだよね? 表札に『多賀』ってあるし」

「あ、はい。でも、ちょっとお話をいいですか?」

「ん? 別に構わないけど」

「実は――」

知兄貴と同じ事を話した。新井さんは快くオーケーをしてくれた。ありがとうございます。彼女がこの事を知ったらどういう顔をするのかな。

俺は新井さんに何度もお礼を言って車を降り、家のドアを開けた。

prev next

AMaRo Project. 2014