ホーム

コンテンツ
あめいろぷろじぇくと!
Pクエスト(仮)
Twikker
わーどもんすたぁ
サモンズコール

小説(継続中)
神サマの忘れ物
12345
678910
1112131415
1617181920
212223

あの青空に祈りを捧げ
12345
678910
1112131415
1617181920
2122232425
2627282930
313233

即興小説トレーニング置き場
12

小説(完結)
突出幼心あくりょうちゃん
12345
678910
1112131415
1617181920
21

オレと兄貴と私がいるから
12345
678910

祭囃子〜記憶の隅に〜
1234

祭囃子〜聖なる夜に〜
12

ボクはネコ
1

フタツヤネノシタ
12345

魔女の契約
1234

暗黒の契約
12345

いのししレース ピキョ村のキピ
123

おにぎり落ちたそのまま食べた
12345

天使見習い頑張らない
1234

せくすちぇんじッ!
12345
678910
1112131415
1617

俺が我が家にやってきまして……。
12345
678910
1112131415
1617181920
2122232425
2627282930
31323334

小説(二次創作)
メルト
1

ある死神は
12345

俺が我が家にやってきまして……。 第16話


「……にしても、古池がいてくれて助かったな」
「ああ」

 友永と優希は、下着売り場のそばに設置されているベンチに腰をかけていた。
 近くにあった紙コップ式の自販機のコーヒーのカップを友永は飲みながら、優希に声をかけていた。
 この付近だけベンチが多いのは、そういうことだろう。

「そうじゃなきゃ、今頃オレたちはあそこにいたんだからな」
「そうだな」

 友永の視線の先、女性のための下着が並ぶ店で楽しそうに商品を見ているゆうきと沙苗。
 男子が入るには気まずい空間である。

「なあ、小名護」
「ああ……」
「お前さ」

 間の抜けた返事ばかりをする優希。

「お前、古池の事好きなんだろ」
「えぇ……エエナンデ!?」
「いや、お前、古池と合流してから様子変だし、特に顔が泳いでたぞ」
「め、目じゃなくて?」
「顔が泳いでた」

 一口、友永がコーヒーを飲んで息をつく。
 ゆうきと沙苗が、優希と友永の方を指さして楽しそうに会話をしているが、内容までは聞き取れない。

「……まあ、そう思う要因は別にもあるけどな」

 友永はゆうきの顔を見て、ため息を一度付く。
 目があって、ゆうきが嬉しそうだった。

「でも、オレは代わりにならないよな」
「友永は友永で何を言ってんの?」
「いや、ゆうきは多分、オレが好きなんだろう思ってさ」
「え、マジで?」
「ああ」

 優希は全く、気がついていないようであり、驚きが隠せていなようようである。

「でもな、オレがよく知ってるのは小名護だからな。その女版に惚れられても、オレは真剣にはなれない。それこそ、アイツの世界のオレじゃないとな」
「俺は気にしないけどな」
「お前は気にならなくても……例えば、オレの女版に『好きだ』と言われたら?」
「あ……それは嫌かも」
「それと一緒だ」

 友永のコーヒーのコップが空になって、コップが握りつぶされる。

「でも、お前と古池は、まあチャンスはあるんじゃないの? ゆうきもいるし」
「マジで!?」
「ああ、まあ、踏み出すかはお前しだいだろうけどな。さて、帰ってきたみたいだ」

 小走りでやってくるのは膨らんだ袋を抱えるゆうきと、沙苗だ。

「おまたせ!」
「ああ、お帰り」

 優希の代わりに答えるのは友永。

「でさ、ご飯食べよ、お腹すいちゃった」
「あ……」

 沙苗と出会ったことですっかり忘れていたのだが、まだ昼食を食べていなかったのだ。

「古池、ちょっと昼飯も付き合ってもらえるか?」
「ああ……そうね、せっかくだしついていきましょ」

 ということで、フードコートに戻る彼ら四人である。
prev next

AMaRo Project. 2014