ホーム

コンテンツ
あめいろぷろじぇくと!
Pクエスト(仮)
Twikker
わーどもんすたぁ
サモンズコール
どうぶつつなひき

小説(継続中)
神サマの忘れ物
12345
678910
1112131415
1617181920
212223

あの青空に祈りを捧げ
12345
678910
1112131415
1617181920
2122232425
2627282930
313233

即興小説トレーニング置き場
12

小説(完結)
突出幼心あくりょうちゃん
12345
678910
1112131415
1617181920
21

オレと兄貴と私がいるから
12345
678910

祭囃子〜記憶の隅に〜
1234

祭囃子〜聖なる夜に〜
12

ボクはネコ
1

フタツヤネノシタ
12345

魔女の契約
1234

暗黒の契約
12345

いのししレース ピキョ村のキピ
123

おにぎり落ちたそのまま食べた
12345

天使見習い頑張らない
1234

せくすちぇんじッ!
12345
678910
1112131415
1617

俺が我が家にやってきまして……。
12345
678910
1112131415
1617181920
2122232425
2627282930
31323334

小説(二次創作)
メルト
1

ある死神は
12345

あの青空に祈りを捧げ 第7話


・其処にいる理由は

俺が目を覚ましたのは携帯のアラームが鳴ってからだった。6時。問題なしだ。

昨日風呂に入ってないから、適当にシャワーを浴び、適当に着替えて、適当に朝飯のパンを頬張って腹に収めた。

そのまま出ても良かったが、親父の様子を見てみたかった。鞄を持って親父ルームのドアノブに手をかけた。無論、鍵がかかっていて開かなかった。

まぁ、いいか。俺は家を出て、学校へ向かった。途中のバスでは同じ学校の生徒がたくさん目に付いた。

そして、学校に着いた。教室には数人いるだけいるだけで俺は自分の席に着き、ラノベを広げた。友人達には何を読んでいるかは話しているが、一応手製のブックカバーをしている。

時間が経過すると少しずつ集まり始めてくる。

「よう、颯太ぁ〜!」

小説をチョップされてパタンと机に落ちた。読んでたページってどこだったかのか……。昨日の件もあり、ムシャクシャしたのでぼっこぼこにしてやった。なにすんだと俊之はいうが俺は自分で気付けと言ってやった。

チャイムが鳴って、河合先生が教室に入ってきた。職員会議がすぐに終わったらしい。


授業は真面目に受けて、放課後となった。

「そっうたぁ〜、かっえろっうぜ〜」

どんなテンションだ!? 俊之は手を振って俺のところにきた。何だかうざったかったので、すねを軽く蹴ってやった。

「痛ってー、何すんだ!」

「そのテンション」

俺は冷静に言ってやる。

「はぁー?」

俊之は意味が分らないというような顔をしている。

「後、今日も俺一人で帰るから」

すると、俊之は目を輝かせていた。

「やっぱり、彼……」

俺はまた、すねを蹴ってやった。しかし、今度は見事にかわされた。

「違う! 断じて違う!」

「やっぱり、そうか……顔が赤いぞ」

うかつだった。ムキになって強い口調で言ってしまった上に、顔も真っ赤になってしまったらしい。これでは、肯定しているのと同じだ。

「後をつけたりしないから、早く行け。青春を満喫しろ。あばよ、友よ」

「るせぇ!」

俺は俊之の足を思いっきり踏んづけてやってから走って、立ち去った。あいつの反応も見ずに。俺はなんと言う友達を持ったのだろうか……

俺の向かう先はただ一つ。『橘病院』だ。
prev next

AMaRo Project. 2014